TOSTEMの「まずマド。」よりも、「まず日本脱出。」LIXIL会長のとんでも発言の裏で、サッシ業界の闇を発見した。

「日本で納税するつもりはない。いずれ国債は暴落し、日本は破綻するだろう

これは、
売上高1兆6千万円超を誇る住宅設備メーカー「LIXILグループ」の潮田洋一郎会長兼CEOの発言として紹介

なんかLIXILの本社を日本から脱出して、シンガポールに移したいそうで。

振り回される社員が可哀そう・・。

ま、迷走してる事実はこのサイトからも分かります。

まずマド。って知ってますか?

LIXILブランドの窓シェアNo,1のTOSTEMのキャッチコピー。

サイトはこちら

まずマドとは?
家づくりを検討するとき、窓のこと、考えていますか。 
「窓より間取りやデザインの方が気になる」という方が
ほとんどかもしれません。 
ところがある調査によると、家づくりを経験した人の86.4% が、
「間取りは『窓・サッシ』を含めて考えないと後悔する」と答え、
さらに74.2% が「できることならもう一回
『窓・サッシ』をきちんと考えたい」と答えている
んです。

つまり、窓選びこそ家づくりの成功と失敗を分ける
重要なポイントになるということ。 
「まずマド。」は、「なぜ窓が重要なのか?」「いつ窓を選べばいいのか?」
「窓で暮らしがどう変わるのか?」など、
窓に関するさまざまな疑問にお答えしながら、
窓選びと家づくりをお手伝いするTOSTEMのサイトです。

https://www.lixil.co.jp/lineup/window/s/mazumado/

これ、今までのサッシがクソボロだと自白してませんか?

サッシ市場において35年以上トップシェアを守り続ける 業界No.1商品という事実に、家づくりを経験した人の86.4% が、「間取りは『窓・サッシ』を含めて考えないと後悔するという事実を組み合わせると、TOSTEMの窓サッシを買った多くの人が後悔している。と読み取った私が不自然なんですかね?

事実、HPには今でもアルミ複合樹脂サッシへのこだわりを見せており、より高性能の樹脂サッシに関しては見つける事すら出来ない。

全国の先進的な工務店では木製サッシ・地域の木材など、地産地消の材料を使って、何とか利益の地域還元をしようとしている取組もある中、

大手の住設メーカーが、まだまだ結露する窓を売りたい上、税金まで払いたくないとは・・。

【窓の話】LIXILから「TOSTEM」復活。窓本来の価値を追求した新しい窓“TOSTEM「LW」”発売。~まだまだ売りたいアルミサッシ~

2018年5月16日

【日本の窓について】ラベル等級表示変えませんか?最高が4つ星っておかしくないですか?

2018年5月13日

ちょっとイラッとした話。

新築前に読むべき本をご紹介。

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください