2020年2月に我が家のリビングの室温20℃を維持するためにかかった暖房費は・・驚異の2136円!!

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

先日の記事で、我が家のリビングが20℃を2月の1ヶ月キープしたという記事を紹介。

暖冬だった2月。我が家のリビングの温度は20℃以上を1ヶ月間キープすることができた。

2020年3月11日

では、それを達成するために使った暖房費を紹介。

我が家のエアコンは2台。

お家の電気代の中でも大きな割合を占める暖房費。

我が家の場合はオール電化のメリットを最大限生かす為、32坪の家をエアコン2台による全館空調にて実用中。

【我が家の暮らし】床下エアコン1台で家中が22℃。電気代が少ない家は不満も少なくなるかもしれない。

2019年1月8日

2階の階段上部に壁掛けエアコン8畳用。

で、こちらが暖房のメインとなる床下エアコン8畳用。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 2018-06-06_14-41-20_916-1024x768.jpeg です

家にあるエアコンはこの2台のみ。

で、24時間運転ではなく、両方とも明け方3時間程度のタイマー暖房設定。

床下エアコンは雨の日など、日中に太陽が出ていないようだと不定期でスイッチONといった感じの使い方。

24時間暖房にしたら、日中に25℃を超えてきて、オーバーヒートになってしまうので。

2020年2月の暖房費。

まずはメインとなる床下エアコンのデータ。

床下エアコン
2020年2月の電気代

使用量:94.812kWh

1690円

おー滅茶苦茶少ない(気がする)。

続いて、2階エアコンがこちら。

2階エアコン
2020年2月の電気代

使用量:31.391kWh

446円

もう、エアコンいるのかいらんのか分からんほど。

2台合わせても、2136円

これが2月の暖房費のすべて。

ほぼ1台で空調コントロールができていることが証明。

コレこそが高性能住宅の実力。

データもHEMSという電力消費が見える機械ですからイカサマなし。

住んでからのランニングコストまで考えた家づくりを。

おしまい。

 

 
ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

 

 

家を建てる前に・・

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください