2019年1月の我が家の暖房費を公開。エアコンによる全館空調の電気代は?

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

昨年、”消費電力量ランキング”という形で紹介していた我が家の電気の消費量。

ランキングにあまりに変動が少ないので、一部をクローズアップしたものを公開。

2019年1月の暖房費。

寒さが本格的になり、お家の電気代の中でも大きな割合を占める暖房費。

我が家の場合はオール電化のメリットを最大限生かす

32坪の家をエアコンによる全館空調にて実用中。

【我が家の暮らし】床下エアコン1台で家中が22℃。電気代が少ない家は不満も少なくなるかもしれない。

2019年1月8日

で、こちらがメインとなる床下エアコン。日立製・RAS-X25H(8畳用)

床下エアコンとは、通常壁掛けに使う一般的なエアコンを床上に設置し、床下を暖める方式。

日立のエアコンは再熱除湿機能など、とてもおススメ。

使用については先月の15日過ぎから24時間運転。

・・・だったのですが、やはり日中の暖かい日など

「これやっぱ24時間、必要なくね?」

と方針転換。

深夜3時~朝方9時までにタイマー運転使用に変更。

我が家の最も優れた暖房器具 それは・・・「窓」。

2018年2月18日

そして、2階にあるエアコンも同じく日立製の8畳用。

こちらも深夜3時~朝方9時のタイマー運転。

これで、家の温度平均が20~22℃。(1日だけ20℃を切ってしまう失態あり)

で、かかった電気代がこちら。

床下エアコン
120.114kWh 2295円
2階エアコン
43.862kWh 674円

暖房費の合計が、2969円

もちろん、こたつ、ヒーター・ストーブ・湯たんぽなどはございません。

正真正銘の全暖房費。

高性能住宅にする事で、年間の冷暖房費はかなり削減出来る。

という事が証明できたよーな。

寒いのを我慢したくない。

灯油買いに行くのめんどくさい。

布団・毛布が重い。

そんな悩みも家の性能を上げることで、解消。

そんな我が家のスペックはこちら。

【完成見学会直前SP】我が家のスペックを公開!!違いを体感できる家。

2017年11月8日

これから、電気代の上昇という懸念もありますので、是非高性能住宅をおすすめします。

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください