【我が家の樹脂窓】YKKAP・APW430に新しい仲間が。その名はAPW430+。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

我が家の窓と言えば、YKKAPのAPW430シリーズ。

【備忘録】我が家の大工工事 ~え?まだアルミサッシ使ってるの?・樹脂サッシ搬入編~〈香川の工務店・Mスペースで建てる高性能な家〉

2017.08.06

我が家で決まったこと その2 〜トリプルガラス樹脂サッシ〜

2017.06.01

4月から新しい仲間が加わるようで。

その名も「APW430+」

APW 430Kr

熱貫流率 0.78 w/(㎡・K) ※2

たてすべり出し窓+FIX連窓
ダブルLow-E ブルー アルゴンガス入
[16513サイズ]

※1
熱貫流率とは、熱の伝えやすさを表した値のことで数値が小さいほど性能が良いことになります。(試験方法/JIS A 4710:2015に準じた社内試験)
※2

ニュートラルの場合は性能値が異なります。

 

APW 430Kr

   

熱貫流率 0.78 w/(㎡・K) ※2

たてすべり出し窓+FIX連窓
ダブルLow-E ブルー クリプトンガス入
[16513サイズ]

窓の枠内に断熱材が入ってますね。チャンバーの数を増やすのではなく、間に断熱材を入れるという発想は面白い。

さらにアルゴンガスをクリプトンガスに変更したタイプも。

これ、マニアにしかわからないレベルじゃね?と突っ込みたくなりますが

いずれも現在のAPW430の熱貫流率0.9よりも当然ながら、性能が上。

但し、値段も当然上。

XAAAA-H18-094-1

ZEHもZEH+という外皮性能を上げたタイプが出てくる中、少しでも性能を良くする為、必要なのか必要でないのかを考慮出来る商材という事でしょう。

それは使うかどうかは、これから家を建てるあなた次第。

ちなみに香川県の我が家は、APW430で特に不満はありませんよ。

あえてもうしあげると、窓の外側が結露して、外が見えなくなる時が。

え?

結露するのが、窓の内側じゃなくて窓の外?

って思ったあなた。

お家の窓、樹脂窓に変えてみませんか?

結露掃除から解放されますよ。

 

ブログランキング参加してます。下の画像をクリックして応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

さぬきペンギンさん(@sanukipenguin)がシェアした投稿

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください