【高性能住宅への障壁】ポジショントークに気をつけろ!イメージに惑わされないよう、実態を掴もう。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

昨日今日とびっくりするほど、日中は暖かい日。

先日までの寒波はどこへやらですね。

これだけ寒暖差があると体調も崩しがちになるのでご注意を。

本日のテーマについて。

住宅業界のポジショントーク。

先日あるyoutubeLIVEを見てた時にもよく出てきたこの言葉。

住宅業界にはいわゆる”ポジショントーク”というものが存在します。(もちろん住宅業界だけではない)

調べてみると、

ポジショントークとは、自分の立場、立ち位置に由来して発言を行うことである。

転じて、自分の立場を利用して自分に有利な状況になるように行う発言のことも指すようになった。

自社の強み・アピールポイントをしっかりと伝えてもらうことについては特に問題なし。

では何が問題かというと、自社に不利な条件・ネガティブな意見をイメージで捻じ曲げる節が見られるということ。

もう勘の言い方ならわかると思いますが、大手ハウスメーカーの関係者さんや既に家を建てられた方は、この先はご遠慮下さい。

この配慮は、高性能住宅ブログ仲間・くろーばーさんの記事を参考にしております。

それでは行きます。

イメージに惑わされないよう、実態を掴もう。

代表的な例を使って紹介。

断熱性能の場合

省エネ標準以上の高断熱性能

一般的な高気密、高断熱住宅※1と比較して高性能値を実現。だから冷暖房で快適な温度を逃がさず、ずっと快適な温熱環境を保ちます。

※1性能値の指標としてUA値:省エネ法H25基準の数値、C値:次世代省エネルギー基準・平成11〜20年告示を用いています。

名前は伏せますが、これはある大手ハウスメーカーのページから引用。

※1のサイズは実際のHPのサイズを参考に表示してます。

そして※1に書かれている、省エネ法H25基準の数値でいう断熱性能は国の定める断熱等級4という最高レベル。

だから堂々と

「断熱最高等級のお家で冬でも暖かい。」

というイメージを展開しています。

さてあなたがこの文章から受けるイメージはどうでしょうか?

この時期でも暖かく快適に過ごせそうな匂いがしてきませんか?

では、このイメージの実態は何かというと、

この断熱性能では・・・

ラファエル設計さんより引用

暖房無しで、冬の朝には室温が8℃になります。

これが実態。

これ、あなたが抱いた”暖かい”のイメージ通りですか?

違いますよね?

そして、冒頭の文章をよく見て下さい。

”だから冷暖房で快適な温度を逃がさず、ずっと快適な温熱環境を保ちます。”

きっちりと冷暖房をつけるということは明記してクレームになることを防いでる訳ですよ。

こういう所の抜け目はありません。

え、無暖房ならそれぐらい当たり前?いいえ違います。

数年に一度の大寒波に対し、高性能住宅はエアコンOFFで暖房せずにどこまで耐えられるのか。というチャレンジをしてみた。

2021年1月10日

では、もう一つ行きましょう。

気密性能の場合

先程の※文の後半のこちら。

”C値:次世代省エネルギー基準・平成11〜20年告示を用いています。”

ハウスメーカーのC値や性能についてはこちらの記事を。

で、結局C値でいうと2。

ブログを読んでくれてる人ならわかると思いますが、コレ高気密?と思うレベルでしょ。

でも、以前の国の規定では2なら高気密(一般がもっと悪い5.0)と呼べたってだけの話なんですよ。(ちなみに我が家のC値は0.3です。)

しかし気密に関してはあまり優位性がないということが結構バレていて、本当の高気密を求めるお客さんには、こんなポジショントークを展開してるようで。

「高気密は息苦しいですよ。」

という一見すると意味がわからないイメージを本気でぶつけてきます。

だったら、俺はもう3年前に死んでるはずです。

で、さらにエセ高断熱サッシを使った結果の実態がコレ。

快適な温度を保って笑顔が集う住まいに! | YKK AP株式会社

暖房つけても窓や隙間から入る風・コールドドラフトで足元がめっちゃ寒いという実態。

身に覚えのある人も多いでしょう。

まとめるとこうです。

大手ハウスメーカーの実態。

性能値を公開している一条工務店を除いて、

こんなイメージしか話さない大手ハウスメーカーの断熱性能・気密性能はどちらも、

イメージ:国の最高レベル

実態:世界では家も建てられないほどの最低基準にすらならないレベル

という事。

ここがヘンだよ建築基準法。最低を守るのではなく、より高い志を持った行動を。

2020年6月22日

大手ハウスメーカーの大和ハウスで2千棟が違法に。耐火性や基礎構造に仕様不適合。

2019年4月14日

だから、こんなアンケート結果になるんですよ。

1位である省エネ性・2位の断熱性について、女性に関していえば、家を建てたほぼ半数の人が後悔。

これは恐らく女性の方が温度に敏感な部分も影響しているのかも。

思っていたよりも寒い。

暖房にお金がかかる。

すべてが悪循環。

言いたくないですけど、これこそが日本の大手ハウスメーカーのイメージではない実態なんですよ。

普通に考えて、ほとんどの人が満足できない家づくりって異常だと思いませんか?

イメージだけで家づくりをすることがどれだけ大変な事になるか。

まずはそこをしっかりと頭に叩き込んで下さい。

イメージに惑わされないよう、その説明の実態は何か。

営業のトークを鵜呑みにせず、しっかりと調べるクセをつけましょう。

そして、わざわざ大手ハウスメーカーに行かなくても各地域でもっと性能のいい家は建てることができますので。

住宅展示場行くより、この全国のスーパー工務店リストを見よう!「構造塾」家づくり応援・業者マップが大公開。

2021年1月12日

本当の家の性能を理解すれば、あなたと家族の暮らしの満足度は飛躍的に向上しますよ←高性能住宅ポジショントーク?いえ実態です。

おしまい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

家を建てる前に・・

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四国は香川県で生まれ、現在も香川県に生息しているオスのペンギン。 名前は、走る姿がペンギンに似ている事(自分では認めてませんが)からの由来。イワトビより皇帝派。 よろしくお願いします。