床下エアコンで家中を全館空調。日立エアコン・Xシリーズについてる機能”ゆか暖”を試してみたら、真冬に夏になった話。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

今日は季節をふっとばすような話題を一つ。

先月からエアコンによる24時間全館暖房中の我が家。

そこに新たな力を発見することに成功!!

日立のエアコンを使って床下エアコンをやろうとしている方必見!!

日立のエアコンについてるすごい機能を発見!!

ふとエアコンのリモコンを見ていたら、新しいボタンを発見した。

といっても、表にあるのではなく・・

フタを開けた裏の一番上。

その名も“ゆか暖“。

調べてみると、最上位機種のXシリーズに搭載されている機能らしい。仕様一覧はこちら。(2021.1月HP記載)

ゆか暖ってなんだろ?とりあえず押して見るか・・。

軽い気持ちで1階の床下エアコンで押してみたら、この後とんでもない事に・・

ゆか暖の威力はすごい!

特長:[パワフルな暖房] : エアコン : 日立の家電品

[ゆか暖]を設定すると[くらしカメラ AI]が足もとを見つけて、もっと足もとを暖める暖房運転を行います。

押すと共に、今まで眠っていた力を呼び覚ますかのような温風による温風。

床下エアコンなんで、足元を見つけることができないからなのか、コンクリートが冷たいからなのか、いっこうに動きが止まない。

実は、今年まで、床下エアコンを使って暖房しても、設定温度に達すると、すぐに休むことが多かった。

それが今までの休みは何だったのかというぐらいに連続運転。

やればできる、日立のエアコン!!

驚異の室温変化

1月14日の記録

吹き続けた温風は、日中の晴れた天気と合わせて、温度がグングン上昇!

夕方には26℃の表示が!

2階は2階エアコンを22.5℃設定で暖房運転中だから、動作はしてないのに、温度は下がることなくどんどん上がっていく!

いくら晴れてたとはいえ、ここまでの温度になるとは思わずビックリ。

そして、驚異的なのが床面の温度。

基礎内温度が25℃なんて表示は初めて。

もちろん体感も今までの20℃のほんのり暖かいとはぜんぜん違う。

もう、床がヤバいくらい暖かい。。

で、この日でも温度的にやばいんですが、検証の為、翌日まで続行してみようと。

1月15日の記録

同じく天気のいい日←なんでだよww

わかりにくいですが、寝室が最高で26℃。

そして、完全に2階のエアコンは

そしてリビングはというと・・

書いてる通りですが、27.7℃。

もはや全館冷房している夏よりも温度が高い!

真冬なのに夏の温度25℃よりも上で暮らすなんて考えたこともなかったので衝撃を受けてます。

ちなみに電気代は・・

エアコンを24時間フル運転した場合の電気代を調べてみると・・

1月14日は231円。

15日は237円でした。

ちなみに検証の為に、設定温度を14日は23℃→15日は20℃に設定を変更

ですが、このゆか暖の機能にはあまり関係ないようでした。

後は、この室温+3~-3を試した時にどうなるかですね。(このときは+2でやってましたので、-3を試してみたい)

とりあえず1日が230円だとすると、月に7000円弱で、我が家は冬に家の中をハワイにできそうだという事に←行ったことないですけどね。

当然、エアコンの力だけではありません。

気をつけていただきたいのは、エアコンを日立のエアコンXシリーズにしたから同じことが出来るわけではないと言うことです。

何でこんな事が出来るかというと、高性能住宅は断熱気密に優れた家だから。

これが気密も断熱もない家では熱がどんどん逃げていくだけで、温度もそこまで上がりません。

設備に力を入れるよりは、しっかりと家の性能を強化して、出来るだけ高性能にしてあげてください。

高性能住宅は無駄なエネルギーを逃さない!

そして、住む人の心も逃さない!

どんな冬も快適になりますよー、奥さん!

え、ウチの奥さんがなんて言ってるかって?

パンダ
もうエアコン切っていい?

あんなに暖房切るの嫌がられたのにww

でも、寒い家よりもいいですよね、後は庭にヤシの木を植えるだけ。

以上!!

おしまい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

今のおすすめ!!

家を建てる前に・・

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四国は香川県で生まれ、現在も香川県に生息しているオスのペンギン。 名前は、走る姿がペンギンに似ている事(自分では認めてませんが)からの由来。イワトビより皇帝派。 よろしくお願いします。