【我が家の欲しいもの】まるでプレデター!!サーモカメラで温度が丸見えになるFLIR ONE PROが欲しい。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

突然ですが、「プレデター」という映画をご存知でしょうか?

シュワちゃんと地球外生命体・プレデターとのバトルが見もののSFアクション映画。

その中で、敵であるプレデターは赤外線感知機能で生物を認識しているという描写が。

こんな感じ。

で、今日紹介するのが、プレデターと同じような能力を持つことが出来る逸品。

FLIR ONE PRO。

全く新しいFLIR ONE Proは、今まで想像もしなかったほど早く、目に見えない問題を見つける力を与えてくれます。その画期的な VividIR™赤外線画像処理により、ディテールまでしっかりと見分けられ、お客様にも一度で正しく問題を解決した証拠を提供できます。電気パネルを検査するにせよ、冷暖房・換気・空調の不具合に対処するにせよ、あるいは水漏れ箇所を特定するにせよ、新しいFLIR ONE Proは、真剣に仕事をしているプロにはなくてはならないツールです。

 

iphoneのドックに接続することで、こんなことが。

 

赤外線感知で、温度を最大0.1℃まで画像で識別することが可能

実はこれは第3世代機で、これまでのFLIRシリーズはすでに高性能住宅を建てている人にはおなじみの商品。

しかし、驚くべきはこの画像鮮明度。

輪郭まではっきりとわかるように。

flir_20180303T182345

温度計の温度と比較しても、問題なし。

 

これがあれば家の中の温度チェックをより細かく行うことが可能。

これはとある工務店さんのブログから。

関連画像

遠赤外線サーモグラフィ測定

こんな感じで、室温はわかっても、壁や窓で全然違う。

細かい温度の違いが分かることで、壁や窓の断熱がどれぐらいできているかが理解できる。

ということは、隙間などがあると当然温度差の違いが発生するので、気密検査の時にも使える

これから高性能住宅を考えてる人にはもってこいのアイテム。

しかし・・高い。

お値段が約5万えーん。

えーん、えーん。

これがあれば、家の中の温度差をさらに検討して、より良い温熱環境を見つける事が出来るのに。。

誰か余ってる人いたら、くださいwww

いずれにせよ、これから新築するとき、もしくは中古住宅を買うときに使えること間違いなし。

ハウスメーカーさんの見学会に行って使ってたら、相当嫌がられるかもしれませんが。

 

もし、好きな人にFLIRがついたスマホカメラを向けて、心臓のあたりが赤くなってたら・・

あなたに恋してるかもしれませんし、してないかもしれません。

 

おしまい。

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください