【我が家の電気代】2018年9月 ~我が家の初めての夏、というか酷暑。全館冷房でかかった金額は?~

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

我が家の電気代シリーズ。

みんな大好きお金の話。

9月の電気代と売電のお知らせが届きましたのでご紹介。

以前の電気代はこちら。

【我が家の電気代】2018年4月分 ~今月も安定のプラス収支~

2018.04.21

【我が家の電気代】2018年5月分 ~買電・最安料金更新 売電・最高料金更新でウハウハ~

2018.05.21

【我が家の電気代】2018年6月分 ~買電・最安料金更新 売電も¥20000をキープ~

2018.06.18

【我が家の電気代】2018年7月分 ~エアコン19日間連続24時間運転した場合の電気代はいかほど?~

2018.07.18

【我が家の電気代】2018年8月分 ~豪雨に酷暑でエアコン1か月フル回転!太陽光発電も頑張りました~

2018.08.20

我が家の電力プラン。

私が住んでいるのは四国・香川。

地域の電力会社・四国電力さんのWEBサービス「よんでんコンシェルジュ」からデータを引っ張ってきました。

我が家の電力プランはオール電化住宅向け。

スマートeプラン[タイプL+]

深夜の電気代がお得なプラン。

お得な夜の時間に、洗濯乾燥機・食洗機を「ガンガン使っていこうぜ。」スタイルの家。

我が家の2018年9月の電気代。

2018.9月の電気代
計測期間:8/9-9/9 347kWh

¥9,295。

先月の電気代¥9,198から、+¥97

今月も酷暑は続きましたが、雨の日などもあり、日中30℃を超えた日が24日。

全館冷房計画は継続。

2階のエアコン1台を温度設定24.5~25℃・自動運転で24時間フル稼働。

それで、月1万円を下回り、なおかつ、我が家に設置している温度計が30℃を超えることはなし。

家にも人にも優しい快適な環境をキープ。

この夏の災害による被害を考えると、これからの家づくりについては、高性能な住宅にすることで、家族のリスクを大きく下げることが重要ではないかと。

我が家の売電金額。

我が家には太陽光発電設備が。

我が家の太陽光発電設備

メーカー:【Qセルズ社】 パネル:Q.PEAK-G4.1  容量:6.0kw。

【備忘録】我が家の電気設備工事~太陽光発電・QCELLS参上!! パネル設置編~

2017.11.02

【完成見学会直前SP】我が家のスペックを公開!!違いを体感できる家。

2017.11.08

「余剰電力の買取制度」で、太陽光で発電した電気から、自分の家で使った電気を引き算。

余った電気があれば、これを売電できる仕組み。

で、実際の売電のお知らせがこちら。

我が家の2018年9月の売電金額。

 

2018.9月の売電金額
計測期間:8/9-9/9 573kWh

¥17,190。

請求金額が¥9,295なので、差し引きの収支がプラス¥7,895

太陽光の発電量をHEMSで確認すると788kWh。

売電と差引した215kWhが昼間にエアコンで消費した分と想定すると、¥8,000ぐらいの電気代を節約

来月は暑さも落ち着くことを期待しつつも、太陽には頑張ってほしいという願いをこめつつという複雑な心境。

新しいお家で太陽光発電がどこまで価値があるか不安でしたが、ひと夏過ごしただけですが、かなり重要な設備だなというのが本音。

しかしながら、太陽光発電も重要ですが、家自体の躯体設備はもっと重要。

ZEHに惑わされて、そこを間違わないように。

ではまた次回。

おしまい。

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください