伊礼さんの新作発表。伊礼智の住宅設計作法Ⅲ 心地よさの ものさしが1月30日に発売。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

本日は本のPR。

私も大好きな建築家・伊礼さんの話題。

以前、高松の講演の時にお会いしたことがあります。

サインもらっとけばよかった・・。

建築家・伊礼智氏✕東大准教授・前真之氏によるトークイベントに行ってきました。

2017年9月10日

その伊礼さんの新刊が発表されました。

それがこちら。

伊礼智の住宅設計作法Ⅲ 心地よさの ものさし。

伊礼智の住宅設計作法III 心地よさの ものさし

 

人気住宅建築家の伊礼智氏が、自身の設計について文章・イラストともに書き下ろした一冊。
近年の住宅設計では欠かせない「性能と意匠」を両立させた8軒の住宅を、写真と図面、ポイント詳細図、性能まで紹介しながら、それぞれの設計時の苦労や失敗談、心を打たれたエピソードなどを交えました。

伊礼氏は何を「ものさし」とし、心地よさ(性能)と佇まいの美しさ(意匠)をどう調和させるのか――。

本書のページをめくりながら、開口部の取り方、風の通し方などを想像でき、ポイントとなる部分はプロに向けて詳細図を参考にしていただけるつくりとしました。
造園家の荻野寿也氏、リノベを依頼した施主の岡本欣也氏との対談などを通し、伊礼氏の頭の中を覗き見できるような世界観がつまっています。

プロのみならず、住宅設計を志す学生や家づくりを検討される方にもおすすめです。

 

どんな内容になってる?

気になるコンテンツの一覧はこちら。

【CONTENTS】
はじめに

里山の平屋暮らし
先進的な住まいを提供する

 

甲府の家
性能と意匠の良い関係を模索する

福島の家
森の中の住まいを目指して

くらしこの家とハナレ
2世帯住宅の望ましい関係

諫早の家
スタンダードな住まいを探して

近江高島の家
風情を引き継ぐ

つむぐいえ
高気密・高断熱への初チャレンジ

魚沼の家
雪国の暮らしと向き合う

こぼれ話
1. 風景の一部になる
2. 性能と意匠の狭間で
3. 職人の心意気
4. 即日設計の底力
5. 「足るを知る」ことは無理をしないこと
6. エアコンとの闘い
7. 未来の住まい手と共に創り上げる
8. 断熱はウソつかない

対談
伊礼智×荻野寿也(造園家)
伊礼智×岡本欣也(コピーライター)

寄稿
前真之(東京大学准教授)
西川公朗(フォトグラファー)

 

これまでに伊礼さんが建てられたお家の写真や図面がふんだんに盛り込まれているようですね。

 

 

写真だけでもう上質な空間が伝わってきます。

天井を低くしたいと思う理由は伊礼さんの作品を見れば、よく分かる。

伊礼さんの設計について、詳しく知りたい人はHPで作品をみるのもおすすめ。

 

image02

 

そして、これまた私の大好きな造園家・荻野さんとの対談も。

香川で家づくり 荻野寿也の「美しい住まいの緑」85のレシピ 買いました。

2017年5月23日

これは是非見たいですね。

 

発売日はもうすぐ!!

2021年1月30日発売で、現在amazonにて予約受付中です。

すでに現在の予約段階でもランキング上位みたいなので、ほしい方はお早めに!!

 

伊礼智の住宅設計作法III 心地よさの ものさし

 

お家を建てる時に、どんな家にするかというのは大きなテーマ。

目より先に手が肥えることはない。

どんなに外観や間取りを自分で決めてやろうと思っても、優れた建築を見ずして、あなたの想像力がそれを上回るほどの成果はなかなか得られない。

伊礼さんの本はとても勉強になると思いますので、コロナの中では、展示場へ行くより、お家で本を見るのもいかがでしょうか?

おしまい。

 

伊礼さんの他の作品はこちら。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

 

今のおすすめ!!

家を建てる前に・・

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四国は香川県で生まれ、現在も香川県に生息しているオスのペンギン。 名前は、走る姿がペンギンに似ている事(自分では認めてませんが)からの由来。イワトビより皇帝派。 よろしくお願いします。