【備忘録】香川・Mスペースで建てる高性能な家(プランニング編)懐かしのイメージパースを発見。実際の我が家と比べると・・?

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

そろそろワールドカップですね(棒読み)

こんなに期待しないで見るサッカー日本代表の試合もなかなかないですが。

 

 

選手が悪いのか。監督が悪いのか。体制が悪いのか。

ニュースで言われることが正しいのか、嘘なのか。

いずれにせよ、逆の意味で期待はずれになってほしい。

 

 

と思うスイス戦の録画を見て思う今日この頃。

 

さて、昔の写真を見ていたら、こんなものが。

これは昨年の6月に基礎工事が始まった頃に最終のイメージパースとしてもらった画像。

我が家の工務店・Mスペースさんでは、間取りや仕様を打ち合わせしたものを3Dモデリングデータを見ることが可能でした。

このイメージを見るために、工務店さんから教えてもらい、導入したソフトがこちら。

プレゼンデータ共有サービス【ARCHI Box】

https://archibox.fc-trend.net/

実際の間取りをバーチャルウォーキングしてイメージの確認が可能。

家が完成するまでの楽しみが減るという点ではデメリット。

でも事前にイメージをここまで再現できるのは、非常に有用かと。

敷地に合わせた落とし込みが出来るので、周辺のイメージづくりにも役立つソフト。

で、実際の我が家がこちら。

再現率すげー!!

もちろん使っている材料仕様に合わせて見た目も変わるので、外観を気にする人にはとても便利なソフト。

家づくりのご参考に是非。

おしまい。

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.