スッキリとした目覚めが最高。真夏の夜の寝苦しさには高性能住宅がおすすめ。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

この時期よく聞くのが、「寝苦しい」という言葉。

朝起きたら、汗ダラダラ。

もう寝苦しいのは嫌だ。

そんな人には高性能住宅がおすすめ。

天井・屋根のしっかりした断熱で暑さをカット。

夏の寝苦しさの大きな原因・暑さ。

暑さは主に昼間にガンガンに暖められた屋根の熱が、夜になっても残ってしまう。

だから、エアコンかけても暑いとかいう恐ろしい状態に。

新築で上の断熱をおろそかにしてしまうと、住んでから大きく後悔。

屋根は壁以上にしっかりと断熱を入れることを忘れずに。

最初の写真は、我が家の天井に入る断熱材。

【備忘録】香川・Mスペースで建てる高性能な家。我が家の上棟式 ~棟上げ編~その4

2017年7月26日

2階で暑さを感じることはこの2年間、皆無。

エアコン切るから、暑いのは当たり前。

日本の住宅あるある。

部屋にエアコンがあると、風が当たると体に悪いから、タイマーで切れるようにする。

で、先程の暑さがじわじわ身体にきて、汗かいて不快な気持ちで起きる。

断熱気密をしっかりした家なら、部屋にエアコンは不要。

家中を空調できるため、無理にエアコンを切る必要なし。

猛暑到来。高性能住宅の温度・湿度はいかほどか?エアコン1台でこんな感じ。

2019年8月1日

朝起きるときは、スッキリ目覚めることができる。

天気予報に左右されない家。

高性能住宅であれば、少ない電気代で家を常に快適な温湿度に保つことができるので、

「今日の夜は寝苦しい」とか「朝方が冷え込みます」とかのお天気おねーさんの言葉に悩むことなし。

夏に暑くて飛び起きる。

冬に寒くて眠れない。

そんな不快な暮らしを変えるのは設備ではなく、しっかりとした性能の家。

エアコンや加湿機・除湿機などの設備で悩む前に、しっかり家のことを考えよう。

おしまい。

 

今頃はまってます。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください