同級生が始めたブドウ栽培の26farm。初めてシャインマスカットを買ってみた。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

今日は地元で買ったフルーツの話。

皆さん、シャインマスカットご存知ですか?

シャインマスカット
シャインマスカット (Shine Muscat) は、ブドウ品種のひとつである[1][2]日本で、安芸津21号(スチューベン×マスカットオブアレキサンドリア)と白南(カッタクルガン×甲斐路)を掛け合わせて育種され、2006年に品種登録された。登録番号はぶどう農林21号

房は円筒形で400〜500グラム。成熟時の色は黄緑色で、粒は短楕円形。大きさは11〜12グラムと巨峰と同程度である。糖度は20度程度で高く、酸含量は0.3~0.4 g/100 mLと低く、甘い。ジベレリン処理により種無しで皮ごと食べる事ができる。

ぶどうは好きだけど、皮を剥いたり、種を出したりするのが面倒な私にとっては、まさにブドウ界のベストオブベスト。

そんなシャインマスカットを一念発起で育てようとした人物がいます。

26farm

香川県の東の方、さぬき市で一房一房愛情一杯に育ててます。
さぬき市は、瀬戸内先気候で、日照時間が長く、比較的雨が少なくぶどう栽培に適した土地で、古くは明治時代よりぶどう栽培が始まり、四国で最初のワイン工場が設立される程、ぶどうの栽培が盛んな地域でした。
現在は、高齢化が進み、後継者がいない圃場がなくなりつつあります。
昔見た景色をなくしたくない、地元に何か恩返ししたい思いから、脱サラ農家になりました。
今回の商品も離農される方の農園を借り受け、風景や農園を守りつつ、愛情一杯に育ててます。
是非ご賞味下さいませ。

26の意味は聞くの忘れたんで不明。

farmは中学校で農場だと覚えた記憶が。

そして、私の小・中・高・大と同級生の生産者がこちら。

ブドウを愛し、ブドウに愛される男。

アパレル業界から農家へ転身というウルトラCに挑戦中の彼から朗報が。

「シャインマスカットできました。」

同級生の処女作が出来たとあれば、普段フルーツなど自分で買わない私も、買わずにはいられない。

という訳で2kgを購入。

先程の笑顔で、特別に持ってきてくれた訳で。

「どれどれ、見せてみーまい。」

「おー、これはなかなかのもんやな。」

「いただきまーす」

末っ子に試しに1粒食べさせてみたら、自分からもぎって食べようとしてた。

子供は食べたものに嘘つかない。

美味しいものはなかなか離そうとしないww

ですが、少し冷やしたほうが美味しいよ。と説得して返してもらいました。

2kgで4房が入ってました。

夕食後まで冷蔵庫に冷やしてみた。

早速袋から取り出して・・・

ちょうどいい感じで冷たくなっております。

それでは実食。

指でつまんで、口に頬張り、弾力のある実を一噛みすると、口の中に溢れる果汁。

試しに包丁で切ってみた。

もう左の方に果汁がこぼれちやいそうで・・。

夏に最高の果物でございました。

あんまり、食べると子供に怒られそうなのでこのへんで・・。

 

こちらのサイトにて、9月中旬頃まで販売予定なので、是非買ってみてください。

香川の人はさぬき市で直売所も出す予定なので、問い合わせてみてください。

おしまい。

 

 

ポケモン新作予約中。

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

 

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください