ここがヘンだよ改正省エネ法。戸建住宅・説明義務制度は穴だらけ②

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

さて、省エネ改正法の続き。

前回の記事はこちらから。

ここがヘンだよ改正省エネ法。戸建住宅・説明義務制度は穴だらけ①

2020年4月4日

説明義務化というのは、省エネ基準の義務化の代わりという立ち位置。

これでしっかりとした省エネ性能の家が増えて安心と考えるにはまだ早い。

説明義務化は必ずしも説明しなくてもよい?

昨年末にこんな記事を書きました。

省エネ性能の説明義務制度で、おかしな文言。「建築主が省エネ性能に関する説明を希望しない旨の意思を表明した場合は、説明不要です。」どーいう状況?

2019年12月29日

説明義務化なのに、施主が説明いらないよって言えば、必要なし?

いや、スマホの取説じゃないんですよ。

一生の大半を過ごす自分の家を買うのに、「面倒なんで、後でお客さんで読んでてください。」レベルで済ませていいんですか?

いい訳ない。

はっきり言おう、これはいわゆる抜け道だと!!

これはどちらかというと施主レベルの話ではなく、建てる側の抜け道。

自分たちが前回紹介したような省エネ計算なんてできない、したくないという工務店がのうのうと家を建てているのが日本の現状。

だから、そんな事できないから、なんとか考え出したのが、

ダメ工務店
そーだ。施主側から求められてなければ、作る必要ないじゃないか。そういうふうにすれば、自分たちが困ることないだろう

 

しっかり、条文にも記載が。

この住宅業界特有の悪しき慣習。

施主が求めてないから、アルミサッシのままでいーじゃないか。

施主が求めてないから、気密なんて必要ないじゃないか。

結局、自分たちが今までと違うことをするのが嫌なだけなのに、変えない理由をお客さんのせいにする。

こんなことが戦後ずっと続いてます。

建売住宅には説明義務すら存在しない。

気になって調べてたら、こんなものも発見。

設計士が介在しない建売住宅にはそもそも説明義務すら存在しないことになりそう。

建売住宅すべてが悪とは言い切れませんが、私からすれば性能基準はほぼアウトと思って間違いないかと。

だって、建売住宅に性能を求める人なんていないですから。

そして、多くの住宅がこの建売住宅によって販売されていけば、当然省エネ基準など守られるはずがない・・。

悲惨な日本の住宅事情。

私は別に何かと比較して話すのは好きじゃない「よそはよそ、うちはうち」のおかんスタイルなんですけど、それを差し引いても日本の住宅事情は悲惨。

当たり前に夏暑くて冬寒い家ばかり。

シックハウスで住む人の体調が悪くなる家。

地震で簡単に倒壊し、住む人の安全が奪われる家。

ヒートショックで、交通事故より多くの人が死んでしまう家。

本来、一番安全でなければ行けない場所が、一番危険な場所になっている。

こんな家とも呼べないレベルのものを何千万で販売してきました。

これを悲惨と言わずにいれるでしょうか?

家を建てる人は、少なからず期待を持っていますが、何も勉強せずに飛び込んでくる人間にいい目を見せるほど、優しい世界ではありません。

何度も忠告してますが、家づくりの前には必ず勉強をお願いします。

おしまい。

 

 

ONE PIECEの新刊が発売。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

 

家を建てる前に・・

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください