SwitchBot 温湿度計とHub miniを買って、家の温湿度を管理しよう!!

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

狙ってましたよ、この時を!

1/30今日から2/1月曜までamazonタイムセール中。

今回のタイムセールの目玉がコレ!

SwitchBot 温湿度計とHub miniをタイムセールでGETしよう!

SwitchBot Hub Mini  

タイムセール中 ¥3980 → ¥3180 (2021/2/1まで)

 

 

SwitchBot 温湿度計

タイムセール中 ¥1980 → ¥1580 (2021/2/1まで)

 

Switchbotで何が出来るの?

まずHub miniはこちら。

SwitchBot(スイッチボット):スマートホーム化できる簡単スイッチ。

SwitchBot ハブミニとは家中の赤外線リモコンをスマホ1台にまとめるミニスマートリモコンです。

コンパクトで便利。ハブミニ1台でお家のエアコン・テレビ・照明などの家電を一括管理。

AIスピーカーをお持ちの方へ。ハブミニを手に入れて音声でお家の家電をコントロール。

帰宅前に外出先からエココンや照明をつけておき、ハブミニで部屋を快適な状態に 。

1年間安心保証・365日サポート SwitchBot商品は、お買上げ日より12ヶ月の保証期間となります。万が一商品初期不良・不具合・故障などが発生した場合、カスタマーサービスまでご連絡ください。至急、商品交換または代金を払い戻す対応をさせていただきます。また、何か困ったことがありましたら、SwitchBotアプリの左側メニューの「よくある質問」からSwitchBot公式サイトFAQをご覧いただくか、「フィードバック」より商品についての問題報告、ご意見やご要望をお知らせいただければ幸いです。

かんたん操作

かんたん操作

エアコン、テレビ、照明は国内外の主要メーカーのリモコンが登録済みなので、「スマートラーニング」モードを通じてお手持ちの赤外線リモコンをワンタップで簡単に登録できます。たとえ「スマートランニング」で反応しない場合、 「マニュアル」モードでプリセット表から家電型番を選ぶか、見つけないなら「カスタマイズ」や「その他」 モードを利用して手動でリモコンを登録できます。赤外線コードが随時更新中なので、最新家電にも旧式の家電にもお使いいただけます。

USB差込口で利便性がさらに向上され、壁掛けとかお好きなところで置きましょう。SwitchBot USB充電器と併用すると、Hub Miniをもっと安全的に快適に使用することできます。

ご注意:1.5mのUSB ケーブルが同封されていますが、SwitchBot USB充電器は別売です。

アプリ1つで家電を一括管理

アプリ1つで家電を一括管理

家中の赤外線リモコンを「SwitchBot」アプリにまとめて、スマートリモコンに早変わりさせて、手軽にスマートホームを実現しましょう。Wi-fiとの接続なので、帰宅前に外出先からエアコンと給湯器をつけておき、家に帰ったら快適にお時間を過ごしましょう。

ご注意:見通しの良い場所では赤外線通信距離は最大10mで、ボットとの間の最大通信距離は80mです。一番お勧めなのは、操作したい家電やデバイスの近くにハブミニを設置しておいてください。

様々な方法でスマートホームを楽しむ

様々な方法でスマートホームを楽しむ

【スケジュール機能】:スケジュール設定で毎日の起床時間にエアコン、テレビと照明を自動的につけ、お休み時間にお家の家電を自動的に消します。平日に通勤に合わせて照明のオン・オフ設定し、休日はゆったりとした時間にスケジュール設定といった使いわけも!または、外出先で家電の消し忘れに気になる方は、スケジュール設定より家電の自動制御を実現できます。

【SwitchBotシーリズ製品と連携】:赤外線リモコンのほか、ボット、温湿度計、プラグ、加湿器などのSwitchBotシリーズ製品もアプリに簡単に追加でき、それらの製品をハブミニと連携して本当なスマート生活を体験していきましょう。

例えば、アプリの中「シーン」機能を利用し、SwitchBot温湿度計を介して、温度に応じてエアコンのオン・オフを制御したり、エアコンの湿度調整によりSwitchBot加湿器を自動的に制御します。

【IFTTTと連携】:IFTTTに登録されているさまざまなサービスと連携した家電の制御やセンサー値が取得可能。例えば、自宅に近くとエアコンを自動的につけます。

スマートスピーカー対応

スマートスピーカー対応

Echo Show・Echo Dot などのEcho シリーズ製品、Nest Hub Max・Next Mini・Google Home などのGoogle Nest 製品、HomePodに対応します。AIスピーカーと連携して呼びかけるだけで家電をコントロールできます。手が離せないとき、ハンズフリーで部屋の家電を音声操作しましょう。

SwitchBotアプリの中作成した手動実行の「シーン」も音声操作可能となります。例えば、朝起きると、「おはよう」と話しかけるだけでエアコン、テレビや照明などの家電をつけます。布団に入ったら、「おやすみ」と話しかけるだけで、エアコン、テレビや照明などの家電を消します。

遠隔操作

遠隔操作

帰宅前に外出先からエココンをつけておき、予め快適な部屋環境を作りましょう。SwitchBot温湿度計と連携すれば、外からお部屋の状況をリアルタイムに確認することで、お留守番中の子どもやペットを一緒に見守りしましょう。

家電を消し忘れるとき、外から家電を消すことができ、省エネにもなります。または、帰りが遅くなる場合、長期旅行で照明をつけることで、お宅の防犯対策としてお家を守りましょう。

出来ることは多いですが、じつは私のメインはこちらではない。

温湿度計の方。

SwitchBot(スイッチボット):スマートホーム化できる簡単スイッチ。SwitchBot温湿度計とは、お家の状態を外出先から確認できるスマートなデジタル温湿度計です。SwitchBotシリーズ製品と連携して、さらに拡張性を広げます。

簡単に温度・湿度を確認できる

簡単に温度・湿度を確認、置き方自由自在

デジタル温湿度計本体LED画面には、温度・湿度の数値が大きくはっきり表示されます。SwitchBotアプリに入り、「デバイスの追加」から15秒ほどセットアップ完了され、温湿度をワイヤレスに確認できます。

据え置きだけではなく、3Mマグネットシートで冷蔵庫などにもしっかり貼り付けられます。スタンド付きモデルが発売されました。斜めの角度は56°で、モニターの数字が見えやすくなります。(スタンドは取り外し可能です

爬虫類・水槽水族館・ペット・観葉植物・楽器・ワインセラーの管理にお役に立ちます。

アプリからアラーム通知を受信、お家を守る

アプリからアラーム通知を受信し、お家を守る

ご設定した温度・湿度の範囲により、異常が発生したらBluetooth経由でアラーム通信が届きます。SwitchBotハブプラス/ハブミニと組み合わせば、いつでも、どこでもアラーム通知を受信できます。これにより、梅雨時期の除湿や冬場の乾燥対策を行う際には調整の目安となります。例えば、湿度異常アラームが出たら、速やかに加湿するなど対策を行いましょう。

※Bluetoothの通信距離は見通しの良い場所で最大120メートルです。

※Android端末の場合は、別売りのSwitchBotハブプラス/ハブミニが必要です。

高精度信頼できるスイス製センサーを搭載

高精度信頼できるスイス製センサーを搭載

SwitchBot温湿度計はスイス製温湿度センサーを搭載しており、高精度で信頼性の高い温湿度測定を実現し、より正確な温度や湿度を管理できます。4秒ごとにデータを更新し、感度と精度両方とも優れています。楽器・葉巻ケース・ワインセラー・ペットや観葉植物の管理にもお役に立ちます。

技術仕様:

  • 温度範囲:-20°C~80°C
  • 温度精度:±0.4°C(-20°C~0°Cにおいて)
  • 温度精度:±0.2°C(0°C~65°Cにおいて)
  • 温度精度:±0.3°C(65°C~80°Cにおいて)
  • 湿度範囲:0~99%RH
  • 湿度精度:±2%(25°C、10%~90%RHにおいて)
  • 湿度精度:±4%(25°C、0%~10%, 90%~99%RHにおいて)

 

メモリ機能対応、ご家庭の状態を予測できる

メモリ機能対応、ご家庭の状態を予測

温湿度計本体は最新の過去36日間のデータが保存されています。アプリから履歴データを開くと、Bluetooth経由でデータを転送します。もし弊社のハブプラス/ハブミニと提携すれば、温湿度計はWi-Fi経由でペアリングされた時から今までのデータ記録がすべて無期限に保存されています。また、アプリから履歴データ図の一番下側「データをエクスポート」をクリックして、自動生成されたレポートを取り出し、データの転送やダウンロードなどができ、CSVファイル形式で保存されます。

※Bluetoothの通信距離は見通しの良い場所で最大120メートルです。

スイッチボットハブと併用して温湿度計を活用

スイッチボットハブと併用して温湿度計を活用

SwitchBotハブプラス/ハブミニと提携すれば、温度や湿度に応じて、エアコン・除湿器などの家電を自動制御できます。例えば、SwitchBotアプリの中、「シーン」に予め設定しており、部屋の温度が30度に超えたら、エアコンが自動的にオンにします。

また、Echo Show・Echo Dot などのEcho シリーズ製品、Nest Hub Max・Next Mini・Google Home などのGoogle Nest 製品、HomePodと連携して、声かけでお部屋の温・湿度を確認しましょう。IFTTTとの連携も色々活用できるので、ぜひお試しください。

※アレクサの技術制限でAlexaデバイスは温度しか音声操作対応できないことを予めご了承ください。

https://www.switchbot.jp/meterより

温湿度計をまとめると・・

Switchbot温湿度計で出来ること

  • 温度/湿度の表示(スマホアプリでBluetoothで閲覧可能)
  • 温湿度データを一定期間保存
  • Hub miniがあれば無期限でデータ保存可能

で、アラームを設定しておけば、小さな子どもさんやペットのいる家庭には重宝される機械ですね。

我が家は既に温湿度管理中。でも・・

実は、我が家でも既に、温湿度はHEMSの温湿度センサーでこのように管理してます。

2枚の写真を並べて1枚にする簡単コラージュアプリ「ナラベルコ」で、HEMSの温湿度グラフがよりわかりやすくなりました。

2020年12月26日

スマートHEMSに新機能が追加!温湿度グラフの長期表示が可能に。

2018年3月21日

が、HEMSだと、「そういえば1年前のデータはどうだったかな?」という時に、それを見れないのが非常に歯がゆい。

そういう時に、このデータロガーは垂涎モノ。

という訳で、買っちゃいました笑

 

夏の蒸し暑さや冬の結露の対策にも温湿度計測は不可欠。

加湿器で部屋を加湿している時に温湿度がどうなっているかを把握することで、結露対策には非常に有効。

ちきりんさんの★冬の湿度管理を絶対湿度で行う会★。ウイルスに負けない湿度管理とは?

2020年11月16日

先日、twitter仲間の家ブロガー・chelseaさんがどれくらいになれば結露するかという面白い実験をされてました。

くわしくはこちらの記事をどうぞ。

家の中の状態を知ることは、家の中で快適に過ごすために必要な情報。

温湿度計で温湿度を管理することから、始めてみてください!

 

本日紹介したのはこちら。

 

SwitchBot Hub Mini  

タイムセール中 ¥3980 → ¥3180 (2021/2/1まで)

 

 

SwitchBot 温湿度計

タイムセール中 ¥1980 → ¥1580 (2021/2/1まで)

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

 

 

 

 

 

家を建てる前に・・

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四国は香川県で生まれ、現在も香川県に生息しているオスのペンギン。 名前は、走る姿がペンギンに似ている事(自分では認めてませんが)からの由来。イワトビより皇帝派。 よろしくお願いします。