知らないことは罪?営業マンには限界があります。言うことを鵜呑みにしてはいけません。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

世間はいよいよお盆休み到来ですかね、私は明日も仕事ですが。

この休みの期間に、家を建てたい人は住宅展示場などに足を運ぶ人もいるでしょう。

個人的にはあまりすすめませんが。

さてその理由。

知らないことがない人なんて、ほとんどいない。

営業の仕事やってて思うのは、

「それ、分かってたんなら先に言ってよ。」と思い思われることが多い。

お客様然り、社内の人間然り。

いや、自分が知ってたら教えられますけど、知らないことは言えないっしょ。

でも知らないことは罪だと言わんばかりに叱責される事もたまに。

この事実が実は住宅業界にも。

その最たるものがハウスメーカーの営業マンっていう話。

ハウスメーカーの営業マンは勉強している?

入社して、住宅を販売するために、自社の商品について詳しく勉強されることに異論はない。

しっかりとセールスポイントを把握して、お客様が来たら説明できるように、しっかり頭に叩き込まれる。

しかしながら、その先はどうなのか?

他社との比較はしない、それどころか他社を批判するための材料はしっかりと揃える。

つまり自分のところの商品が最高であるという大きな勘違いを、あたかも正義のように捉えるようになる

ここに、現在の住宅業界の悲劇が。

あなたがお客様だとして、営業マンの言ってることに嘘はないんです。

だって、自社の商品が最高のものだと信じているから。

素人のあなたからしたら、とても自信満々に見えるし、信用できるように見える。

で、この人は良い営業マンだからという理由で家を買うことを決める。

でも、その家の内容が、実は世界でも最低レベルの住宅を販売しているのが正直な現状

でも、営業マンにそんな自覚はもちろんありません。

これは悲劇ですよ。

当然そのハウスメーカーで家を買った後、とても大きな後悔をする。

建てた後に、もっと性能のいい家があると知ったときのあなたなら、冒頭のセリフを言いたくなりませんか?

「知ってたんなら、先に言ってよ」

でも、その営業マンは本当に知らない場合もあるんです。

もちろん知ってて、しょーもない家を売りつけようとするのもいますが。

 

いずれにせよ、住宅は人生の大きな買い物。

後悔をする前に、いろんな情報を「知る」ことを大切に。

 

このブログの情報だって、正しいかどうか・・・それはあなたが判断してください。

私を信じてくれるなら・・・。

という宗教的ノリはありませんので。

おしまい。

本日のおすすめ。今年も大活躍のふわとろかき氷機。

懐かしいゲームがいっぱい。

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください