【年金不足問題】2000万貯めるより高性能な住宅を建てましょう。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

年金だけでは老後を生きるのに2000万円不足と書かれた報告書が引き起こした問題。

国会でのやりとりや、ワイドショーなどを見ても、みんなワイワイガヤガヤ。

ところで、皆さん。

何に怒ってるんですか?

年金だけで足らなくなる事など、とうの昔に分かってた。

支える人が支えられる人よりも確実に少なくなっていき、制度自体が破綻しかけている事は数年前から明白。

百年安心と言われて安堵してたほうがおかしい。

バブルがはじけ、就職氷河期を乗り越えてきた我々には、こんなニュースは今更感が満載。

住宅もそうですが、自分(家族)の身は自分たちで守ることを忘れたらおしまい。

なら、どうすればいいのか?

年金が足りないなら、そこまでにお金を蓄えるのが第一。

ですが日々の生活が苦しいのは、一部の人を除いてみんな同じ。

通信費や食費を削ったり。

様々な工夫で生活してる。

それでも、やっぱり家族が出来たら、家もほしいなという願いも同じ。

しかし、お金がないからといってローコスト住宅を買うのは、ちょっとまって欲しい

買うべきは高性能住宅。

貯金が難しいなら、日々のランニングコストを抑えるしかない。

しかし、ローコスト住宅は最初こそ安いが、快適に暮らそうとすれば、かなりの電気代がかかる。

電気代をかけたくないと節約すれば、夏は暑く、冬は寒い家で暮らすことを余儀なくされる。

【家づくりの考え方】イニシャルコストとライフサイクルコストについて。本当に得する家とは?

2018年4月7日

しかし、高性能住宅であれば少ない電気代で、毎日快適に過ごすことが可能

【我が家の暮らし】床下エアコン1台で家中が22℃。電気代が少ない家は不満も少なくなるかもしれない。

2019年1月8日

当然ながら、家は建てて終わりではなく、2~30年後には外壁や屋根などの修繕費がかかる。

残念ながら、大手も含めローコスト住宅メーカーでそこまで考えて、家を販売してくれるところはない。

アフターメンテナンスがしっかりしてても、ボロボロになれば、お金がかかるのはどこも一緒。

35年の住宅ローンにもようやく終わりが見えた頃に、また何百万もお金がかかる事実を考えるとゾッとする。

ならば、メンテナンス費用がかかりにくい家を建てれば、老後の心配も少しは解消。

苦しい・困ると悩む前に、自分達の将来をしっかりと考えた家づくりを。

おしまい。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

 

家を建てる前に・・

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください