「アフターメンテナンスが大事なので、大手ハウスメーカーを選ぶ。」という奇妙な常套句。それ、本気ですか?

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

よく家づくり掲示板などをみてると、必ず出てくる質問と答え。

アフターメンテナンスがしっかりしている会社はどこですか?
アフターメンテナンスが大事なので、大手の方が安心。

今日は、この根拠を崩していきます。

家を建てた後のアフターメンテナンスについて。

そもそも、家を建てる前から建てた後の心配が必要な理由

それは、日本の家が10年も持たずに、ボロボロになる箇所が出てくるから

外壁だったり、内部結露だったり。

しかし、ここで待ってほしい。

それらは大手ハウスメーカーだったら問題ないのか?

大手だから安心というのは、そうありたいと願うあなたの弱い気持ち。

家を買っても、家の事を詳しく分かる人なんてほとんどいない。

だから、

何かあった時に、大手だったら、何とかなるだろう。

という曖昧な気持ちで選ぶ。

しかし、何かあって修理してくれるのは、結局、大手の営業から指示を受けて動く下請けの工務店や大工

つまり、みなさんが

何かあったとき、心配という工務店や大工が実際のメンテナンスをしているのに、わざわざハウスメーカーを通すという意味あります?

それよりも、自分がしっかりと知識をつけて、家を守るという気持ちが重要。

そして、極めつけはこれです。

メーカーは永久に壊れないものを売るつもりはない。

住宅然り、家電然り、製品・商品の「タイマー」というものは必ず存在。

理由は明確。

一度買ったものが永遠に使えたら、もうその商品はいらなくなる。

だから、壊れるようになっている。

というのは些か乱暴ですが、必ずしも大手が耐久性の高いものを使っているわけではない。

しかし、ネーミングセンスとかキャッチコピーとかで良く見えるようにはなってますよ。

アルミ樹脂サッシをハイブリッドサッシとか。

しかし、戦後・バブル景気の頃ならいざ知らず、新築住宅が次から次へ建つ時代はもう終わり。

実際に、大手ハウスメーカー業界再編も進行中。

トヨタとパナソニック、住宅事業を統合 。でも住宅の性能が良くなる訳では有りません。

2019年5月12日

もうここだけの話ですけど、大手は新築住宅を本腰入れてやってないですよ。

今は賃貸住宅市場ばっか。

その過当競争の先が、こんな問題。

「大和ハウスの違法住宅」4月に発表した2000棟がよくよく調べたら、倍の4000棟だったとさ。

2019年6月20日

結局、売ることだけにしか気が向かないと、工期短縮で手を抜く・材料抜くとかの原因になるという結末を迎えることに。

しかし、これは新築住宅でも同じことですよ。

それでも、大手の方が安心だと思えます?

住む人の事を考えた家づくりをしている工務店。

住む人の環境や省エネを考えてくれる多くのスーパー工務店は存在します。

家中どこでも快適な温度を保つための省エネ断熱気密性能

日射遮蔽や日射取得を目的としたパッシブデザイン

それらの知識・経験を持つところは、大手ハウスメーカーの家を凌駕します。

工務店だからとか、中小だからで敬遠するのではなく、しっかりと吟味した所で家を建てることをおすすめします。

 

本日のおすすめ。

これからの季節にピッタリ。我が家のかき氷器の後継機。

おしまい。

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください