高性能住宅は暖房費が安い!リビングの温湿度と1日エアコンの電気代は?

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

今年の冬は24時間暖房中の我が家。

今日は1月22日~1月24日のリビングの3日間の温湿度と電気代のデータを紹介します。

あ、我が家の仕様についてはこちら。

【完成見学会直前SP】我が家のスペックを公開!!違いを体感できる家。

2017年11月8日

1月22日~24日の天気と外気温。

気象庁のデータを確認。

1月22日~24日の外気温データ

  • 1月22日 最高:10.3℃ 最低:6.3℃ 1日平均:8.3℃
  • 1月23日 最高:9.9℃ 最低:7.6℃ 1日平均:8.9℃
  • 1月24日 最高:10.1℃ 最低:7.1℃ 1日平均:8.3℃

比較的穏やかな温度で推移してました。

23日24日と珍しく雨が続いたので、日射取得の効果が得られない日をサンプルにしてみました。

太陽の光もない中で、床下エアコン1台で暖房してました。

リビングの温湿度データ。

これが1月22日の温湿度の推移を1日にまとめたもの。

平均が25℃という少し暖めました、いや暖めすぎたのかもしれませんな状態。

エアコンの設定は先日の記事にも書いた日立の”ゆか暖”。

床下エアコンで家中を全館空調。日立エアコン・Xシリーズについてる機能”ゆか暖”を試してみたら、真冬に夏になった話。

2021年1月16日

前回との変更は、設定温度を室内温度±3で設定できるので、前回の+2から最低の-3で設定。

それでも、この温度。

もはや夏の温度と変わらない。

外気はほぼ一桁の状態でも家の中は全く違う空間。

で、次の日も・・

 

全く変わらず。

太陽は全く出ていないので、8畳用エアコン1台の力で温度をキープ。

そして、次の日も。

 

 

温度が変わらないのもそうですが、見てほしいのは湿度も全く変わっていないということ。

エアコンを使うと乾燥するというのは事実ですが、その影響を感じさせないどころか、外は雨で湿度が90%でも50%になってます。

1日のエアコンに使った電気代。

では、この空間を作り出すのにかかった電気代はどれほどか?

我が家はHEMSにより、電気機器毎の使用電力及び電力プランを入力することで電気代もスマホで分かるようになってます。

それで見た、1日の電気代がこちら。

1月22日のエアコン電気代
床下エアコン 143円
1月23日のエアコン電気代
床下エアコン 140円

 

1月24日のエアコン電気代
床下エアコン 140円

これまた、温湿度と一緒で、わずか140円。

暖房費と呼べるのはこれが全て。

何もせずにエアコンをつけておくだけで、家の中が春のような温湿度になる高性能住宅。

加えてエコであるなら、生活費も助かります。

参考になりましたら。

おしまい。

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

 

 

 

 

 

 

家を建てる前に・・

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四国は香川県で生まれ、現在も香川県に生息しているオスのペンギン。 名前は、走る姿がペンギンに似ている事(自分では認めてませんが)からの由来。イワトビより皇帝派。 よろしくお願いします。