雨の7月、猛暑な8月も、全館冷房で家中快適だった我が家のエアコン消費電力を公開。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

今週は香川でもようやく最高気温が30℃を超えなかった日が。

夏が終わり、秋の始まりかなという今日このごろ。

我が家のエアコンに関するデータを公開。

我が家のエアコン設置・稼働状況。

日立エアコン 8畳用2台。

リビング階段上に1台、床下に1台。

換気システムは全熱1種換気「澄家DC-S]。

7月:2階エアコンは梅雨明けから24時間運転 床下エアコンを稼働

8月:2階エアコンは毎日24時間運転 床下エアコンは数日稼働

ちなみに我が家の電力プランはこちらです。

 

快適な我が家の状況報告はこちら。

高性能住宅のエアコン考察。32坪を8畳用1台で全館冷房した時の温湿度と消費電力について。

2020年8月19日

【我が家の電気代】2020年7月。除湿に躍起な梅雨を迎えた高性能住宅の電気代は?

2020年7月23日

それと今から見せるデータについての注意点があります。

以下報告の注意点

  • 書いてある金額は上記の電気料金設定に基づいて算出
  • 電気料金は10日締なので、実際の電気代とは異なります。
  • 太陽光発電による自家消費分も含んでません。

 

純粋に消費電力と太陽光発電がない場合にかかる電気代としてご理解頂ければ幸いです。

では、いきまーす。

7月のエアコンの消費電力。

まずはメインの2階エアコンがこちら。

2020.7月の2階エアコンの消費電力

 145.750kWh ¥3,072 

7月後半の暑くなりだしてからの伸びが凄い。

梅雨が長かった分、極端なグラフに。

こちらがもう一台の床下エアコン。

2020.7月の床下エアコンの消費電力

 102.372kWh ¥2,065 

前半は主に再熱除湿を使ってました。

まだまだ試行錯誤で、2階つけたり、床下つけたり、結構カチャカチャやってた。

それでも家の中は平均温度26℃・湿度55~60%ぐらい。

で、次が猛暑連続の8月。

8月のエアコンの消費電力。

メインの2階エアコンがこちら。

2020.8月の2階エアコンの消費電力

 259.148kWh ¥5,529 

8月はフエッピーさんの全館冷房を使うことで、冷房と言うよりも除湿に近いイメージ。

おかげで湿度は60%を超えることがなくなり、7月よりもさらに快適に。

しかしながら、全館冷房はいかにエアコンのサーモオフ(冷やしてるフリ)を減らして、負荷運転をかけるかなので、その分電気代は若干上がります。

ですが・・床下エアコンは

2020.8月の床下エアコンの消費電力

 0.789kWh ¥22 

”猛暑”プラス”お盆で在宅”という2重苦の日に、つけた記憶があるようなないようなというレベル。

それ以外は、2階エアコン1台だけでこの異常な猛暑を無事乗り切った。

 

だいたい1ヶ月の電気代が5500円なので、1日あたり200円弱。

これで1部屋ではなく、トイレ・脱衣室・玄関含めた全てが平均25℃の温度差+2℃以内、湿度も60%以下。

猛暑の35℃だろうが40℃だろうがかかってこいよ。

いや、すいません。

やっぱ40℃。お前はだめだ。

太陽光発電について。

冒頭に書いたとおり、日中の電気代は太陽光発電と相殺。

だからこそエアコンも遠慮なく使える。

太陽光発電はホントいい。

付き合うまでは、えーこいつどーなん・・?って正直思ってたけど、付き合ったら、すげーいいヤツだった。

友達のエアコンさんで、すげー快適にしてくれるし、その上、毎月お金くれたりするし。。

で、真面目に言うと、太陽光発電はこう。

誰が言い出したのかわかりませんが、事業用で太陽光発電するなら確かに回収率は重要かも。

でも、住宅の屋根に必要分だけ載せるほうが実用的であり、災害対策にもなる。

これから家を建てる人には、太陽光発電は是非つけてほしい。

搾取される側で居続けないために。

おしまい。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

 

家を建てる前に・・

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください