YKKAP、4間の大開口が可能な高断熱スライディング窓「APW511]を発売。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

前回のアルミサッシの流れではないですが、今日も窓の話。

我が家の樹脂サッシメーカー・YKKAPから新しい窓の販売。

YKKAPから高性能トリプルガラス樹脂窓APW430引違い窓が発売。でもAPW431も忘れないで。

2019年3月6日

我が家で決まったこと その2 〜トリプルガラス樹脂サッシ〜

2017年6月1日

それがこちら。

APW511 大開口スライディング。

YKKAP、4間の大開口が可能な高断熱スライディング窓を発売

 YKK AP(東京都千代田区)は6月25日、大開口+高断熱を両立するアルミ樹脂複合窓「APW511 大開口スライディング」を発売する。

リビング(=ウチ)とデッキ(=ソト)がつながる開放的な空間へのニーズが高まっていることを受けて、最大高さ2730x幅4000mm(または2000x5500)まで可能な住宅用スライディング窓を開発。
「『大開口で断熱性能が高い窓』というコンセンプトでスタートし、当初は樹脂窓での製品化を考えていたが、完成品を運搬する際にトラックの高さ制限を超えてしまうことから、現場で組み立てるアルミ樹脂複合窓にした。樹脂窓に比べると若干落ちるが、十分な性能値を確保した」と同社・堀秀充社長は話す。

窓種は片引き窓(W3000)、両袖片引き窓(W4000)、FIX窓(W2000)の3種類で、ガラス仕様とその熱貫流率(W/m・K)はLow-E複層・1.87、トリプルガラス・1.52、真空トリプルガラス・1.02。
FIX窓をラインアップしたことにより、[片引き窓+FIX窓+片引き窓]で4間の大開口が可能になり、新築だけでなくリノベーションでも大開口ニーズに応えることができる。

(左)片引き窓(中)両袖片引き窓(右)FIX窓

また同社は、同じAPWシリーズ内での組み合わせも提案している。たとえば、リビングを今回の「APW511」にし、その他の部屋を高性能樹脂窓「APW430」にすると、4地域以南ではHEAT20・G2グレードに十分対応できるとする。

大きいぶんだけ重くなる(障子だけで50〜90kg)が、操作性と安全性にもこだわった。
開閉の際に、傾いていた戸車が立ち上がることでスムーズに操作ができる独自機構により、開閉に必要な力を従来の引き違い窓の10分の1の5N(ペットボトル1本分程度)に軽減。さらに、障子が開くとストッパーが自動で下がるしかけになっているため、不用意に障子を勢いよく閉めたとしても必ずストッパーにあたり、指はさみ事故を防いでくれる。

残念ながら、アルミ樹脂複合サッシ。

記事内にも書いてますが、今回は我が家のAPW431の樹脂サッシと違い、アルミ樹脂複合サッシ。

トラックの運搬時に支障が出るので、現場で組み立て可能なアルミ樹脂にしたとありますが、正直そこまで大きくしなくても・・。とは思ってしまった。

樹脂サッシに傾倒したままの規格でよかったのでは・・。

APW431良いですよ。

それでも、この見晴らしは素晴らしい。

ここまで大きなお家が建てられる人ならいいかも。

おしまい。

さて、ONEPIECEの尾田先生がはまっている漫画でも読んでみよう。
ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

 

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください