我が家の年間冷暖房負荷。HEMSでエアコンの使用量から調べてみた。凄い数字になってました。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

我が家の電気代のアナザーストーリー。

今日は冷暖房負荷について。

といっても、あらかじめ申しておきますが、省エネ専門家でもないので、ざっくりとしたイメージの話。

冷暖房負荷とは?


冷暖房負荷」は、室内をある一定の温湿度に保っている時、その部屋をその温湿度に保つために空気から取り除くべき熱量、または空気に供給すべき熱量を言います。 時々刻々と変化する環境条件に応じて、冷房時は、室内温度を外気温度よりも下げるために、室内に入ってくる熱量を取り除く必要があります。

https://www.hptcj.or.jp/Portals/0/data0/ts_pro/column/c_03_03.html

簡単に言うと、夏を27℃、冬を20℃の家にするには、どれくらいの熱量が必要かというおおまかな指標かなと。

つまり進んだ工務店では、ある仕様の家を建てたときに、冷暖房にどれくらい費用がかかるかわかるという事。

ちなみに日本での最高基準であるパッシブハウスでは、

「年間暖房負荷が15kwh/㎡以下」

と厳しく決まってます。

我が家の冷暖房負荷は?

私が住んでいるのは四国・香川。

我が家の電力プランはオール電化住宅向け。

スマートeプラン[タイプL+]

オール電化住宅の我が家では、1階2階にあるエアコンのみ。

それ以外に冷暖房器具はありませんので、HEMSから昨年のエアコンの使用量を調べてみた。

それがこちら。

2階階段上にあるエアコン。

2階のエアコンは主に冷房メインで使用。

年間での使用金額は12,983円。

床下エアコン。

1階は床下エアコン。

暖房がメイン。

【我が家の暮らし】床下エアコン1台で家中が22℃。電気代が少ない家は不満も少なくなるかもしれない。

2019年1月8日

年間の使用金額は11,578円。

2台で合計24,561円。

これが冷暖房費の全て。

この2つでは、冷房暖房に各々どれくらいか分からないので、表にまとめてみた。(12月~3月を暖房期、4月~11月を冷房期設定)

おや、年間暖房負荷の数字が凄いことになってる。

まー、暖房は24時間連続で使ってないし、太陽光発電もついてるので。

そのあたりの細かい基準はわからないですが、

とても省エネな住宅であることは証明できたのではと。

おしまい。

タイムセール中。

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください