【我が家の電気代】2022年1月。真冬の高性能住宅の電気代は?

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

我が家の電気代シリーズ 5th season。

2022.1月の電気代と売電のお知らせが届きましたのでご紹介。

過去の電気代一覧

直近3ヶ月の電気代はこちら。

【我が家の電気代】2021年12月。初冬の高性能住宅の電気代は?

2021年12月19日

【我が家の電気代】2021年11月。暖房いらずの高性能住宅の電気代は。。

2021年11月20日

【我が家の電気代】2021年10月。暑かった高性能住宅の電気代は。。

2021年10月19日

前年同期の電気代はこちら。

【我が家の電気代】2021年1月。高性能住宅の電気代は?

2021年1月21日

2018年の電気代まとめこちら

【我が家の電気代】2018年の電気代まとめ。ZEHよりも電気代のかからない家の実証。

2019年1月6日

2019年の電気代まとめこちら

【我が家の電気代】我が家の電気代2019まとめを大公開。光熱費のかからない家。

2020年1月9日

2020年の電気代まとめこちら

【我が家の電気代】2020年のまとめ。高性能住宅の年間電気代を公開。

2021年1月9日

2021年の電気代まとめこちら

【我が家の電気代】2021年のまとめ。高性能住宅の年間電気代を公開。

2022年1月16日

我が家の電力プラン。

私が住んでいるのは四国・香川。

地域の電力会社・四国電力さんのWEBサービス「よんでんコンシェルジュ」からデータを引っ張ってきました。

我が家の電力プランはオール電化住宅向け。

スマートeプラン[タイプL+]

 

深夜の電気代がお得なプラン。

お得な夜の時間に、洗濯乾燥機・食洗機を「ガンガン使っていこうぜ。」スタイルの家。

我が家の2022年1月の電気代。

 

 

2022.1月の電気代

計測期間:12/9-1/11

680kWh

¥16,874 前年対比:+¥1,459)

使用電力量は去年より若干少ないのに、金額は上がってるのは燃料調整費の影響。

やはり電気代はこの先もジワジワ上がっていくのか・・

 

それでもお家の中は快適。

外気の温湿度

温度:最高18.2℃~最低-4.6℃

湿度:最高99%~最低43%

とりあえず地表付近は天気予報の最低気温よりも低くなることが分かったのが新しい発見。

最初は温度計が壊れたのかと疑いました。

平均気温は4.9℃。

どこが暖かいねん!!四国も冬は寒い!!

 

 

1階リビングの温湿度

温度:最高26.2℃~最低21.8℃

湿度:最高54%~最低35%

真冬の室温とは思えないでしょうが、紛れもない事実。

平均室温は24℃。

 

 

2階トイレの温湿度

温度:最高25.7℃~最低20.7℃

湿度:最高57%~最低35%

トイレも20℃を下回らない。

今年の冬の光熱費は値上がり必至!!と先月書きましたが、予想通りの展開ですね。

やっぱり電気は買うもんやなく、作るべき!

でもその前に消費電力を減らせる家を建てるべき!

だから・・

家の断熱性能も上げい!!(たぶんずっと言うやつ)

我が家の売電金額。

我が家の太陽光発電設備
メーカー:Qセルズ
パネル:Q.PEAK-G4.1
容量:6.0kW
エリア:香川県東部
「余剰電力の買取制度」で太陽光で発電した電気から、自分の家で使った電気を引き算。
余った電気があれば、これを売電できる仕組み。
で、実際の売電のお知らせがこちら。

我が家の2022年1月の売電金額。

2022.1月の売電金額
計測期間:12/9-1/11

407kWh

¥12,210 (前年対比:+1,980)

やっぱり1月はマイナススタートになりますね。

売電期間が終わるまではずっとこのライフスタイルでしょうし・・。

いずれにせよ、冬は電気がかかりますが、太陽光発電はそのストレスを多少は減らしてくれる。

コスト回収の事ばかり考えずに、発電が見込める地域は是非設置の検討を。

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

 

 

 

家を建てる前に・・

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

四国は香川県で生まれ、現在も香川県に生息しているオスのペンギン。 名前は、走る姿がペンギンに似ている事(自分では認めてませんが)からの由来。イワトビより皇帝派。 よろしくお願いします。