我が家のエコキュート[水道直圧給湯]フルオート標準タンク(高効率)BHP-FV46RD。1年間使って、気になる電気代は?

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

家庭のエネルギー消費量の中でも多くを占める給湯。

今日は我が家のエコキュートの電気代をCHECK。

我が家のエコキュートが決まるまで・・

家づくりの方があらかた終わり、 オール電化になることは決まってた。

なので、エコキュートをどうするかについて考察。

方法は2通り。

①購入

②リース

我が家の工務店・Mスペースさんからはリースを推奨。

メリットは

  1. 初期費用が掛からない。
  2. リース期間の故障修理費が0円。

ですが、月々の費用が¥3900なんで×12か月×10年=・・・。

うん、高いな。

という事で購入に決定。(壊れないことを祈り・・)

どのエコキュートがいいのか?

6社ぐらいのエコキュートを調べているうちに、目に留まったのが日立のエコキュート。

気に入ったのがコレ。

業界初 ウレタン発泡充てん断熱構造の貯湯ユニット[ウレタンク]採用 高い省エネ性能

ウレタンフォームと真空断熱材を組み合わせることで、当社従来製品と比較して最大約2倍の断熱性能を実現しました。※[ウレタンク]で真空断熱材を採用しているのは[水道直圧給湯]フルオート標準タンク(高効率)のみです。※当社従来製品BHP-FV46ND(2013年発売)との熱抵抗値での比較。

家は断熱気密が大事と言い続け、エコキュートにも求めてしまいました。

結局、エコキュートのお湯が冷めないほうがいいじゃんというぐらいの考え。

というわけで・・

[水道直圧給湯]フルオート標準タンク(高効率)BHP-FV46RDに決定。

高効率タイプの容量が370Lと460Lの2タイプ。

5人家族なので460Lをチョイス。

住んで1年ちょいですが、湯切りしたことはございません。

それともう一つ気に入った点が。

日立独自 [水道直圧給油]だから浴室と台所など同時に使ってもパワフルシャワー
たとえばシャワー(浴室)や蛇口(台所)など2か所同時に出湯しても給水元圧500kPaの場合、当社減圧弁方式に比べ、お湯の量約1.6倍*2。お湯の圧力約2.9倍*3。3階でもシャワーはもちろん湯はりもできる。高い給湯圧力と流量が必要な多機能シャワーヘッドが使える。

これ、何気に大事。

実は前の家では、湯圧が低くて困ることがありました。

しかし、このエコキュートでそれを感じたことはない。

というか強い!(もちろん弱く調整も可)

気になる電気代は?

2017年12月から住んで、2018年のデータをHEMSから。

湯沸し設定は当然、電気料金の安い深夜に。

そんな5人家族の1年間の電気代は・・・

エコキュートの電気代
計測期間:2018年 472kWh ¥6,896。

比較対象がないので、高いのか安いのかよく分かりませんが、そのくらい。

1年の間でも、夏と冬では全然違うことが良く分かる。

あ、夏にお風呂入ってない訳ではないので、あしからず。

おしまい。


ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください