住宅販売会社が「モデルファミリー付きモデルハウス」?新しすぎる。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

モデルハウスのみならずモデルファミリー?

住宅販売会社が「モデルファミリー付きモデルハウス」 女優が演じる“妻”と家族を体験。

注文住宅の販売を手掛けるリガード(東京都国分寺市)は11月17日、「モデルファミリー付きモデルハウス」の体験イベントを実施する。11月5~12日の期間で参加者をWeb上にて募集し、最大5人が参加できる。なお、応募者多数の場合には抽選で参加者を決定する。住宅を購入する際、「住宅そのもの」ではなく、住宅を中心とした「暮らし」へと消費者の目が移っている中、「家族との暮らし」を提供する狙いだ。

「家族」を体験できるモデルハウス

同イベントでは、参加者が3人家族の父親となり、国分寺市内にあるモデルハウス内でさまざまな体験をする。例えば、まず家に入ると、父親が「おつかい」から帰ってきた設定で妻と子どもに迎え入れられる。その後、ホームパーティーの準備をしたり、バルコニーで妻とビールを飲んだりしながら、マイホームでの家族との暮らしを味わう。なお、演出は俳優や脚本制作などをしている諏訪雅氏が手掛ける。妻役には、テレビドラマや映画などにも多数出演している女優の早織氏が配役された。娘役とともに、オーディションを経て決定したという。

さまざまなシチュエーションを味わえる
妻役と娘役はオーディションで決定。妻役には女優の早織氏

リガードでは、三鷹市と国分寺市にモデルハウスを有している。同社の担当者は、「モデルハウスでは集客をメインの目的としていない」と話す。実際、初回接客からの成約率は20%ほどだという。直接的に購買につなげるというよりは、同社がどのような住宅を建てているのか、といった企業イメージを知ってもらうことを重視しているようだ。

担当者は「当社の住宅は、『生活』を重視している。注文住宅ではデザイン性や、『和室が〇畳欲しい』といった個別の間取りに関心が行きがち。ただ、住宅はモノではなく日々を過ごすものなので、生活サイクルから設計していくことが重要になる」と話す。こうした理由から、同社では設計の際にお客の生活サイクルのヒアリングから始めるのだという。今回の体験会には、こうしたコンセプトも背景にある。

リガードの担当者によると、一軒家を購入する人のほとんどがファミリー層だという。配偶者との死別などを機に、1人でも購入する人もいるというが、その数はほんのひと握りだ。そして、主要購買層のファミリー層は減少の一途をたどっている。厚生労働省の「人口動態統計」によると、国内の婚姻件数は2016年に過去最低の62万531組まで減少。性別ごとに見ると、総務省が15年に行った「国勢調査」では、「25~29歳」「30~34歳」「35~39歳」の各年代において、男性の未婚率が女性を10ポイント近く上回っている。今回の体験会は男性をメインとして、反響を見ながら次回以降の開催を検討するという。今後は女性向けの体験会も開催されるかもしれない。

どこの層に需要があるか不明ですが、東京に住んでる人。

是非体験参加してみてください。

都会の人が考えることはすごい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

マイホーム計画中ブログランキング

 

 

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください