香川で家づくり 荻野寿也の「美しい住まいの緑」85のレシピ 買いました。

さぬきペンギン
なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

どーですか?表紙のこの感じ。

最近どっぷりと緑にハマりかけていて、衝動で買ってしまいました。

以前にも、家づくりにあたって参考になる本を紹介しましたが、

香川で家づくり 必読「あたらしい家づくりの教科書」高性能な住宅とは?

2017.04.05

今回も本の紹介です。どんな本かと言うと・・・

 

amazonベストセラー 住宅建築部門 第一位(2017.5.23時点)

住宅の本ではなく外構、主に植栽についての本なのに、ナンバーワンです。

内容はもちろん、ページを開くたびに目に映る素晴らしい風景にうっとりします。

大目次を紹介しますと、

  1. 美しい佇まいをつくる緑の作法
  2. 緑を楽しむ住まいのプラン
  3. 庭で過ごすアウトドアリビング
  4. 庭をしつらえる演出とディテール
  5. 庭づくりとお手入れ・メンテナンス

これらの中に、シチュエーションに応じた外構の在り方、考え方が写真つきで紹介されています。

さぬペンが一番感銘を受けたのが、アウトドアリビングでのウッドデッキについての考察です。

当初、家を建てる時にはウッドデッキに憧れて作ったはいいが、意外と使うことが少ないという意見を良く聞きます。

しかし、ただ座るだけのデッキではなく、庭をセカンドリビングのように見立てて食事をしたり、くつろいだり出来るようにするスペースにするという考え方は、目からウロコが4.5枚剥がれるような感覚でした。

窓から続く広いデッキテラスで庭を眺めて、珈琲をたしなむ・・。

こんな事いーな。出来たらいいな。というテーマソングが頭をよぎっております。

実はあまり興味がありませんでした・・・

こんな本を買うぐらいだから、さぬペンは元々、「緑とかウッドデッキとか好きなんだろう。」と思ったそこのアナタ!!

実は最初は、

さぬきペンギン
外構?うん、お家が安く出来たら考えよう。

ぐらいにしか考えてなかったんです。

でも、家づくりを進めてて、家の方が大体決まったら、今度は庭についての雑誌とかを見るようになって・・・気づけばどっぷりはまってしまったんです。

だって、全国の素敵なお家を建てている工務店の写真とか見てると、めっちゃ植栽だらけなんですもの!!

癒やしの空間がそこにあるんですもの!!

で、本を買って読んで・・そこで気づいたんです。

なにわオクトパス
それが荻野はんの言いたかった事なんやな・・結局、”ウチ”だけじゃあかん・・”緑”というアンタの存在があってこそ・・ウチを引き立ててくれてるんやね・・・。

よーわかった・・・”家”(ウチ)には緑(アンタ)が必要なんや!!

ダジャレの性質上、関西弁になってしまいましたが、簡単に言うとそういう事です。

よくよく考えれば・・・

皆さんも春は花見・秋は紅葉狩りとわざわざ植栽を見に行く習慣をお持ちの人、少なくないと思います。

じゃあ、それを自宅で出来たら・・こんな贅沢はないんじゃないでしょうか?

筆者も書いていましたが、カーポートや門柱などに取られる費用を、庭の素敵な緑に変えれば素敵な空間が出来上がるのではないか?

家自体のデザインだけにこだわるのではなく、外構・庭も含めたトータルプランが必要なんだと感じました。

そんな素敵な本の紹介でした。

良ければ皆さんもお家づくりされる前に、是非読んでみて下さい。

本日もありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

さぬきペンギン

四国は香川県で生まれ、現在も香川県に生息しているオスのペンギンです。 名前は、走る姿がペンギンに似ている事(自分では認めてませんが)からの由来です。イワトビより皇帝派です。 よろしくお願いします。