家づくりのキーワード 高気密高断熱住宅の光と闇 隠された真実

ペンギン
なにがでっきょんな?年度末を慌ただしく過ごしているペンギンです♪

さて、本日のテーマはタイトルズバリ「高気密・高断熱」です。

冒頭に申し上げておきますと、“高気密高断熱”でインターネットで調べてもらうと、住宅業界の様々な意見が出てくると思います。

そして、何も知らずにその情報を見ていると、このキーワードがいかに扱いが難しいものか分からなくなる可能性があると思います。賛否が別れている現状がネットの世界に溢れています。(まぁ、この状態が旧態依然残っている方が問題だと思いますが・・・)

しかし、日本全国の著名な建築に関わる方のサイト・ブログを勉強してきた素人ペンギンとして、思うことをお伝えします。

まずは、

高気密って何?

書いてある通り、気密性が高いという事なんですが、住宅で言うと、隙間を少なくした家を高気密住宅と呼びます。

そして、その気密性能を表す単位として、C値という単位があり、このC値が少ない家ほど、気密性が高いという事になります。(C値については、また改めて紹介します。)

高断熱って何?

家は通常、天井・壁・床・基礎部分などに、断熱材を使ってるんですが、高断熱は断熱材の中でも性能の高いものを使ったり、断熱材の厚みを増したりして、断熱性能を高めた住宅のことです。

そうすることで、水筒の魔法瓶と同じように、家の中が暖かい空気は暖かいまま、冷たい空気は冷たいまま維持出来るようになります。

と、さらっと書きましたが、そこの賢明なあなたなら、何か感じてませんか?

高気密高断熱住宅で何か悪いことあるんかな?

ズバリ無いんです。

ただし・・

じゃあこのまま高気密高断熱で家探しをすると、必ずハウスメーカーや工務店の多くから反対されます。

もしくは、「高気密高断熱の家、できますよ。」と言われて建ててみたものの、住んでから暑い、寒いと後悔する状況になる場合があるようです。

それには、様々な理由があります。

「(香川で)そこまでする必要ない」

「高気密は息苦しい、シックハウスの原因にもなる」

などです。

結果、メーカー・工務店から、中気密中断熱とか訳の分からないコンセプトを提示してくる事もあるかと思います。

 

では、そんなくみちゃんに質問です。

ペンギン
くみちゃんは、隙間の大きく空いた家に住みたいですか?

とブルゾンちえみペンギンは問います。

ハッキリ言って自分は嫌です。

エアコン使うときに、窓やドア開けて使う人はいないと思います。でも、家自体に隙間があったら・・。

その隙間のせいで、エアコンつけてるのに効かないって事は事実存在するようです。

先程、高気密高断熱住宅には悪い事ないです。と書きましたが、目に見えるデメリットとして、建築コストが上がるという事実があります。

しかし、これについての正しい回答も存在します。それもまた後日ご紹介します。

まずは、ハウスメーカー・工務店の言う事を全て真に受けないで、自分で判断する事を教訓としてお伝えします。

次回以降、理由やその他のキーワードなど詳しく書いていきたいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

さぬきペンギン

四国は香川県で生まれ、現在も香川県に生息しているオスのペンギンです。 名前は、走る姿がペンギンに似ている事(自分では認めてませんが)からの由来です。イワトビより皇帝派です。 よろしくお願いします。