我が家で決まったこと その5 〜第一種熱交換型セントラル換気システム 澄家DC-S〜

さぬきペンギン
なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

世界卓球で熱い戦いが続いてますが、解説の人が、「チキータ決まったー!!」とよく言ってるんですが、チキータが何かがわからない・・。モヤッと過ごしている中、我が家の設備の話が粛々と続いております。皆さんがよく見る、やれキッチンだ。やれ浴室だ。ではなく、今までやってきたのが、窓とドアww

前回の記事はこちら。

我が家で決まったこと その3 〜高断熱玄関ドア~

2017.06.05

我が家で決まったこと その2 〜トリプルガラス樹脂サッシ〜

2017.06.01

カオスなブログは、まだまだ続きます。

さらにマニアックな本日のテーマはこちら。

我が家の換気システム

換気システムとは文字通り、家の換気を行うシステムの事です。

皆様覚えておられますか?「シックハウス症候群」。住宅の高気密・高断熱化に伴い、生活用品や建材に用いられた化学物質、高い温湿度によって発生したカビやダニ、また暖房・給湯器などから放出される一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物などが室内を汚染し、それが原因で起こる健康被害。

シックハウス症候群を防止する対策としては、化学物質の発散量の少ない建材を使用するとともに、換気によって室内の化学物質の濃度を低減させることが効果的とし、このため、2003年に建築基準法が改正され、強制的に室内の空気を自動的に行うことを可能とした24時間換気システムの設置が義務付けられることになりました。

その方式は大きく3つありまして、

1.jpg

第1種換気方式

第1種換気は給排気ともに機械で行う換気なので計画的な換気が可能です。安定して新鮮空気を供給しながら汚染空気を排気します。さらに澄家Eco換気システムは熱交換式を併用できることから第1種換気を採用しております。

dai2.jpg

第2種換気方式

第2種換気は排気側は自然換気、給気側は機械換気で行います。
第2種は住宅にはほとんど用いられず主にクリーンルームなどに採用される方式です。

 

dai3.jpg

第3種換気方式

第3種換気は排気側を機械換気、給気側を自然換気で行うために、ファンの駆動エネルギーが小さく、第1種換気と比較して電気代が安くなります。基本的に室内の臭気や湿気が発生する箇所から排気します。

引用:http://www.mahbex.com/dictionary/kanki/kanki005.html

で、選んだのはこちら。



 

第一種熱交換型セントラル換気システム 澄家DC-S

澄家DC 第1種換気方式

澄家DC-Sは温度交換率90%と、熱交換型換気システムの中でもトップクラスの換気システムです。さらに湿度交換率も高いので、冬には過乾燥を防ぎ、夏には蒸し暑さを緩和します。エアコンの除湿負荷が減るので更なる省エネにも効果的。

システム紹介しますと、こんな感じ。

img_sumikaeco_01.jpg

外からフィルターを通ってきた空気は床下に設置した機械で熱交換を行なった後、床下にガー。

その空気はこれまた床に設けた給気口から、住居内へサワー。

各部屋の床下に設けた排気口から古い空気がズオー。となっとります。

温度だけでなく湿度も交換してくれるなんて、有り難や有り難や。

換気システムは他にもある?

採用したのはダクト式の換気システムですが、ダクトレスなシステムもあります。

日本スティーベル LT50

ツイン・エアー・フレッシュ

ツイン・エアー・フレッシュはそんなお客さまの声にお応えし、屋内の面倒なダクティングを必要としない、画期的なダクトレス全熱交換型換気システムです。
日本市場向けに100V電圧に対応し、南北に長い日本特有の多様な壁厚に柔軟に対応できる伸縮式のダクト、高温多湿な日本の気候に合わせた全熱交換式の熱交換素子を使用しています。

インヴェンター社正規品 デセントラル熱交換第一種換気システム(ダクトレス分散型連動制御システム) ヴェントサン

デセントラル熱交換換気システム VENTOsan

第一種熱交換換気システム「ヴェントサン」は最大熱交換率88%。
天井裏等にダクトを這わせる必要がなく設計の自由度が高いままで熱交換換気を行う事ができます。
また、一般的な壁掛けタイプの熱交換換気扇と違い、
居住空間全体を管理するため他の部屋との温度差が生まれにくい所がポイントです。

などがあります。

何故、澄家を選んだか?

〈理由その1〉ダクトレスは音が気になる。

ダクトレス式を体感した事があるですが、夜中静かになった時の動作音が少し気になりました。もちろん昔の、冷蔵庫がブーンと突然動き出すような音はしませんが、一度気になると、なかなか抜け出せなかった記憶があります。(気にならない人もいるようなんで、あくまで私見です。)そして、澄家も体験してみましたが、こちらは凄く静かで、床下に耳を当てて聞こえるかどうかのレベルだったんで、安心したとです。

〈理由その2〉排気口が床下にある。この動画を見て下さい。

http://www.mahbex.com/about_sumika/

ほこりとか匂いの動きを考えると、巻き上げずに床下に排気するほうが理にかなっているのではと素人ながらに考えた訳であります。

〈理由その3〉販売している会社名がマーベックスって名前。NBAのチーム名っぽくてカッコイイ。

「マーベリックス ジェイソンキッド」の画像検索結果

 

 

実はこの換気システムを導入することが決定して、我が家でひとつの事件が。

次回、我が家の事件簿ファイル1 ~網戸事件~」へ続きます・・。

ABOUTこの記事をかいた人

さぬきペンギン

四国は香川県で生まれ、現在も香川県に生息しているオスのペンギンです。 名前は、走る姿がペンギンに似ている事(自分では認めてませんが)からの由来です。イワトビより皇帝派です。 よろしくお願いします。