【我が家の電気代】再エネ発電促進賦課金って? ~5年で12倍!来年度の単価は?~

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

電気代の話が続いておりますが、今日は特に怖いお話

【我が家の電気代】2018年2月 消費電力量ランキング !暖房費は驚愕の◯◯◯◯円!

2018.03.25

【我が家の電気代】2018年3月分 ~買電と買電ってどっちもバイデンでややこしい~

2018.03.24

電気代請求の中にある謎の明細。

まずはこちらをご覧ください。

これは先日公開していた我が家の3月分電気代の請求書。

注目頂きたいのが、四角で囲った部分。

皆さんの請求書にも紛れてますよ、コレ。

再エネ発電促進賦課金って何?

再エネ発電促進賦課金とは

  • 再生可能エネルギーの固定価格買取制度の買取に要した費用は、電気料金の一部として、電気をお使いの全てのお客さまに、電気のご使用量に応じて「再生可能エネルギー発電促進賦課金」としてご負担いただいております。
  • 再生可能エネルギー発電促進賦課金は、年度ごとに定められる「再生可能エネルギー発電促進賦課金単価」と、お客さまごとの「1ヶ月の電気ご使用量」とを乗じて算定いたします。http://www.yonden.co.jp/kouri/menu/calcul_pay/renewable.html

つまり、あなたが太陽光発電を搭載してなくても、設備費用をみんなで負担しようね。っていう制度。

これ実は、私が太陽光発電をのせようと決意した要因の一つ。

載せても載せなくても、費用を支払わされるなんて・・不条理でしょ、やっぱり。

上がり続けている単価。

上の画像の通り、H29年度は1kWhにつき 2.64円

この単価、高いと思いますか?

では、この下のグラフを見て下さい。

2012年の単価、実は0.22円

5年で12倍に上がってます。単価だと分かりにくいので、家庭の平均使用量300kWhとして計算すると・・

2012年
月額66円 年額792円

2017年
月額792円 年額9504円

差額 ー8712円

電気代を13ヶ月分払ってるのと変わらないです。

まだまだ上がりますよ、単価。

来年度の単価が先日・3月23日に発表されました。

2018年度の賦課金単価

  • 1.の買取価格を踏まえて算定した結果、2018年度の賦課金単価は、1kWh当たり2.90円(標準家庭(一ヶ月の電力使用量が260kWh)で年額9,048円、月額754円)と決定しました。
  • なお、2018年度の賦課金単価は、2018年5月検針分の電気料金から2019年4月検針分の電気料金まで適用されます。

http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180323006/20180323006.html

来年度単価は.90円

太陽光発電・蓄電池などの状況を考えると、2030年の省エネ目標まではずっと上がり続けるでしょう。

5年で12倍だからと言って、単純にあと15年で36倍とはならないでしょうが、

単純に倍の5.8円になれば、負担は20,880円/年となります。

これは現実的なお話。

もちろん賦課金だけではなく、電気代自体も今後上がっていくことは容易に想像出来ますよね。

131-2-4

http://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2015html/1-3-1.html

だからこそ・・

電気代のかからない家づくり

が求められています。

断熱気密のとれたしっかりした性能の家を第一に考えないと、建ててから後悔します。

 

ブログランキング参加中。下の画像をそれぞれクリックして、応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください