【我が家の話】気密断熱のしっかりした家は夏が暑い?いや、中途半端な今が暑い。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

昨日は朝から暑かったー。

日中の最高気温は29℃近くまで。

夜になって少し下がったが、我が家の2階寝室・朝7時の温湿度は・・・

26.7℃の59%。

理想とする25℃の50%より、温度も湿度も高い状況。

 

これが日中になると・・

ちょっぴり上昇し・・27℃超え。

まだまだ。

夕方には、この家で温湿度を記録してから初の28℃をマーク。

(ちなみにこれはスマホのアプリで確認していたので、実際の家にはいません。)

ここまで行くとやはりエアコン使って空調のコントロールが必要。

まだこのウチに住んで半年。

エアコンのいるいらないの判断がつけにくいこの時期は、とても難しい。。

結論からいうと、超気密超断熱の家は“暑い”のではなく、“熱を無駄に逃さない”

それは否定できない。

では、今までの基準の家で気温の変化によって、温度差が急激に発生する家のほうが良いか

と聞かれたら、私の答えはNo。

ハッキリ言えば、これから迎える夏にエアコン無しで過ごすことは不可能。

当然、冬も暖房なしでは厳しい。

ならば、温湿度を少ないエネルギーでコントロール出来る家

それこそが理想。

暑い寒いという個人差の感覚を越えて、快適な生活を送るためのまだ第一歩を踏み出したばかり。

 

とりあえず家に帰って2階のエアコンを25℃設定でスイッチオン。

2階全体がすぐに理想の温湿度に。

これからの時期は、エアコンを稼働して空調コントロールできれば、暑い寒いの世界すら過去のものになれば。

はじめての夏。

うまく付き合って行きたいものです。

おしまい。

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください