住宅業界の黒船となるか!?低価格で高性能な住宅「HOME i LAND」が始動。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

今日は松尾先生のFBで紹介されていた新たな業界の波?について。

それがこちら

HOME i LAND

入会金0円、月々5万円

住宅サブスクリプション。

入会金0円、月々わずか5万円で住宅商品選び放題。
全国のビルダーを繋ぐ住宅商品販売プラットフォーム
HOME i LAND:HiLの内容を詳しくご説明します。

  • 住宅画像1   住宅画像2

未来パネルを使用したHiLの住宅商品は断熱性能G2グレード 耐震等級3※のスペックを実現します。

 

そして、このサイトについての松尾先生のコメントが。

概要をかいつまんでいうと
お施主様出しで1600万でG2かつ耐震等級3の規格住宅を入会金ゼロ、一棟フィーもゼロで、月会費5万円だけ払っている会社であればどこでも購入できる」という住宅版サブスクリプションの発表です。

しかもデザインは若手建築家を中心にやっているのでちょっとかっこいいレベルにはなっています。

日射遮蔽はきちんとできてないものがあるので、その辺りはこれから私が監修する予定です。

これまで超高性能だけれどもちょっと高い領域には一条工務店がいました。

格安住宅には飯田グループを筆頭に色々ありましたが、性能はそれなりでした。

施主様出しの価格が1600万円で粗利をきちんと確保しながらこの性能、デザインを担保した住宅は私が知る限り皆無だと思います。しかも、普通これだけのコスパを出す商品の場合、極めて高い、フランチャイズ費用を取られるのが一般的だったかと思います。

でも、エリア割もないので、買おうと思えばどこの工務店でも買えるわけです。30坪前後の2階建てと平屋の両方がありますが、7割くらいの敷地には対応できると思います。こういった敷地で予算が限られてる方にとっては選択肢はこれ一択になるのではないか。。。そんな気がしています。

正直、日本中でこれらの住宅だらけになってしまう可能性もあるのではないかと個人的には思ってしまいました。まだ、私も詳細を聞いたわけではないので、正直思わぬ落とし穴があるかもしれません。また、耐久性に関する部分など、まだ詰め切れてないところも残っていそうな感じは受けています。そのあたりも監修することになりそうです。そういった不確定要素の確認、という意味でも今回のイベントへの参加は意味があると思います。

松尾先生のFBより。

高性能な住宅をエリア関係なく利用できるかもしれない。

そして、デザインに関しても、このようにコンペ形式で選んでいる。

 

http://home-i-land.jp/housevillageより

はっきり言って、このレベルの家だけになれば、省エネ基準も吹っ飛ばしてしまう。

当然ヒートショックもなくなってくるでしょう。

以前もお伝えしたように、性能値だけで、家の快適性すべてが保証されるわけではないですが、

HEAT20からの新たな提言。G1G2を超える新たな水準・G3とは?驚異の数値が明らかに。

2019年6月28日

それでも、大手ハウスメーカーの高いだけの家よりも、より快適に過ごせることは間違いない。

説明会が9月25日にあるようなので、続報が気になります・・。

 

おしまい。

 

今頃はまってます。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

画像をクリックして応援お願いします。

他にも家づくりに関する記事は↓

一戸建 注文住宅(施主)ブログランキング

エコ住宅ブログランキング

 

注文住宅を建てるなら、まずは知識を習得する必要あり。

●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

●複数社のプランを比較・検討できる!

●利用は全て無料!

 

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください