【窓の話】住宅サッシ市場構成比はアルミ80%と樹脂20%。5人に4人が結露する窓を選ぶ国。何だこの国?

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

今日は日本サッシ協会の5月1日に発表された「平成30年3月版『住宅用建材使用状況調査』の概要」を見て、感じた話。

窓についてはブログで何度も記事に書いてるが、1年たってもこの状況はさすがにまずいかなと。

【ハウスメーカーの話】続・松尾先生から貴重な情報2。結露する窓を使ってるのはどーこだ?ほぼアウトじゃねーか!

2018.06.01

【日本の窓について】ラベル等級表示変えませんか?最高が4つ星っておかしくないですか?

2018.05.13

【備忘録】我が家の大工工事 ~え?まだアルミサッシ使ってるの?・樹脂サッシ搬入編~〈香川の工務店・Mスペースで建てる高性能な家〉

2017.08.06

平成30年3月版『住宅用建材使用状況調査』の概要

http://www.jsma.or.jp/Portals/0/images/statistics/pdf/chousagaiyou1803.pdfより

注釈を入れたサッシのアルミ化率について。

2020年基準に向けて高断熱化と言われる中でも、比率がなんとアルミが80%で、樹脂が20%足らず。

昨年と比較しても、樹脂サッシが3%ぐらいしか増えていない。

未だにこんなに差がある現実。

こんなんでヒートショックを無くすほうが無理

どうして、ハッキリと性能差があるものに対し、こんな結果になるのか。

その理由とは・・。

サッシメーカーが売る気なし。

まず、メーカーが売る気ありません

先程紹介したサッシ協会のスタンスもアルミ中心。

世界中でアルミサッシにこんな力入れてる国は日本と中国ぐらい

「世界の窓 断熱」の画像検索結果

結露による様々な弊害があるのに、誰も非難しないから売り続けるという暴挙。

ハウスメーカー・工務店も売る気なし。

メーカーに売る気がないから、当然その先が積極的に販売するはずがない。

てかぶっちゃけ言いますけど、樹脂窓を選ばないと損するのは消費者であるあなた

アルミサッシと樹脂サッシ。

なんで、こんなに差がつくと思います?

答えは簡単。

売る側にとって、利益の出るほうがより売れる

ただそれだけ。

サッシの性能差ではなく、工務店の利益率の違いで、ほとんどの人が性能の低いアルミサッシを選ぶ

選べる自由があればまだ良くてほとんどの人が、窓の形状は決めるが、窓についての詳しい説明なんか聞くことはない。

住宅業界の人には当たり前に分かる話も、素人の施主がその事実を知らないだけ。

 

ピンとこない人の為に具体的に。

仮に、ハウスメーカーで1つの家にかかる窓サッシの費用が定価ベースで¥300,000とする。

Aのアルミサッシの家は、仕入れ費用が6割。利益は¥120,000

Bの樹脂サッシの家は仕入れ費用が8割。利益は¥60,000

もしあなたが、工務店の社長なら、どちらの窓サッシを売りますか?

当然、儲かる方を選ぶ。

現実に一部の工務店を除いて、殆どのハウスメーカー・工務店がAのアルミサッシの家という事がデータに表れてる

極論言うと、本来は施主の為の家が、利益を優先させるハウスメーカーの為の家がほとんどという事。

こんなおかしな事ありますか?

世の中の商品で、購入者よりも販売者を大事にするおかしな業界が“住宅業界”。

世の中にはオレオレ詐欺って言葉がありますが、世界に照らし合わせてみると、日本は完全にイエイエ詐欺

家とは呼べない性能のただのプレハブ小屋を綺麗にして、高く売りつける。

何も知らずに高いから良いものと思って購入し、後悔する消費者。

何度も言いますが、アルミサッシで後悔するのは消費者だけ

どうか、騙されないで。

この国は既得権を得たものが守られる国。

かといってシェアが多いから、大多数が正義ではない場合がある。

本来の質を見極めて、自分たちの生活を守ろう。

おしまい。

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください