【家づくりお得情報】住宅ローン減税延長へ向けて、政府が検討?是非ともやってほしい件。

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

鍋がおいしい季節がやってきました。

蟹のむき身を豪快に食べたい。


 

送料無料!【かに本舗】

日経にこんな記事が。

住宅ローン減税延長へ 消費税増税巡り政府検討

政府は2019年10月の消費増税にあたり、住宅購入の支援策として住宅ローン減税が受けられる期間を現行の10年から1~5年ほど延長する調整に入った。消費増税前の駆け込み需要やその反動減を防ぐ狙い。年末の自民党や与党の税制調査会で詳細を議論し、最終決着させる。

イブニングスクープ

翌日の朝刊に掲載するホットな独自ニュースやコラムを平日の午後6時ごろに配信します。

新築の一戸建てやマンションを事業者から買った場合、建物部分に消費税がかかる。中古の個人間売買にはかからない。 住宅ローン減税は年末の借入残高(4千万円が上限)の1%に相当する額を所得税などから差し引ける仕組みだ。10年間で合計最大400万円の税額控除があり、確定申告や年末調整を通じて還付される。1年間で最大40万円が税額控除される今の額を前提にすれば、15年に延びると単純計算で200万円増える。

住宅ローン減税がマイホーム購入を後押ししている(住宅展示場)

住宅ローン減税がマイホーム購入を後押ししている(住宅展示場)

消費増税対策として検討されている住宅ローン減税の拡充策は、期間の延長に加えて主に2つある。一つが減税の対象となるローン残高の引き上げだ。現在は最大4千万円だが、これを「5千万円」などに上げる案。期間を10年に据え置いても最大500万円が税控除される。もう一つは税控除率の引き上げ。残高の1%とする比率をさらに引き上げる考え方だ。

国交省や住宅業界は期間延長以外の案に消極的だ。業界団体の住宅生産団体連合会の調査では、住宅ローンの平均借入額は約4千万円で、2千万~3千万円の層も多いとされる。減税対象となるローン残高を引き上げても恩恵を受ける層は限られ、購入支援策として効果が薄いとみる。

中低所得層には所得税額が計算上の減税額より少ない人もいる。税控除率を引き上げても減税の枠が余り、効果は乏しい。多額を借り入れられる高所得層しか恩恵を受けられないと懸念する。

一方、減税期間の延長は全ての所得層に恩恵が及びやすい。国交省は駆け込み需要や反動減を抑えるために効果が高いとみている。住宅業界は「増税による負担増をおおむねカバーできる」(業界団体幹部)として最大5年延長して減税期間を15年とするよう要望しており、政府・与党で調整を進める。

財務省内では消費増税対策として、単純にローン減税期間を延長することに慎重な考え方も残る。すでに十分な減税期間を確保しているうえ、住宅ポイントの復活や給付金の拡大で増税の負担増を緩和できるとの見方だ。減税対象のローン残高や控除率を引き上げたほうが消費者にも分かりやすいとして「10年以上先の恩恵を訴えられても駆け込み需要対策にはならない」(同省幹部)。調整が曲折する可能性もある。

住宅購入の支援策をめぐっては、一定の条件を満たす購入者に一時金を渡す「すまい給付金」の拡大も候補の一つ。10%への増税後、年収775万円以下の人を対象に最大50万円を支給する予定になっているが、住宅ローン減税延長の検討状況もにらみながら、給付金の増額や条件緩和の案も検討する。

国交省と財務省は住宅の新築や改築にポイントを付与する仕組みを復活させる検討も始めている。省エネ性能の高い住宅などを対象として2015年に実施した「住宅エコポイント」を参考に、制度の詳細を詰める。

新築住宅にとって、住宅ローン減税は大きなポイント。

現行の10年が15年になれば、分かりやすくお得に。

検討どころか決定してほしい。

来年度の話になりそうですが。

住宅エコポイント復活の話も出てきてます。

これから家づくりをされる方。

消費税が上がるから、急いで買うのではなく、しっかり検討して買うように。

一生の買い物を営業マンに急かされて買うようなことがないように。

おしまい。

★色んな人の家づくりに関する記事はこちら★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください