【備忘録】我が家の大工工事 ~え?まだアルミサッシ使ってるの?・樹脂サッシ搬入編~〈香川の工務店・Mスペースで建てる高性能な家〉

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

今日は楽しみにしていた我が家の窓・樹脂サッシの搬入日。

383ec44be01064902e06abcee0ed012d_600.jpg (545×600)

以前の備忘録はコチラ

【備忘録】我が家の大工工事 ~お家はパッシブデザインが大事・袖壁編~〈香川の工務店・Mスペースで建てる高性能な家〉

2017.08.05

【備忘録】我が家の大工工事 ~充填断熱ロックウール編~〈香川の工務店・Mスペースで建てる高性能な家〉

2017.08.04

我が家の窓はYKKAP APW430シリーズ。

高性能樹脂窓。ペアじゃありません。トリプルです。

我が家の窓については以前の記事でも紹介してます。

我が家で決まったこと その2 〜トリプルガラス樹脂サッシ〜

2017.06.01

これからの窓選びで重要なのはオール樹脂であること。アルミ複合樹脂サッシと間違えないように。

color_img_outside_01_pc.jpg (728×327)

内側の枠はホワイトしかないんですが、外側の枠は上の4種類。

外壁のガルバリウムブラックに合わせて、昨年出たばかりのブラックにしました。

で、いよいよ現場に行くと・・あ、ついてるwww

やだ・・かっこいい・・。

ん~ブラックにして良かったー。

目玉その① APW431 大開口スライディング。

2016-06-29_07-30-51.jpg (1400×700)

http://www.ykkap.co.jp/apw/apw430/variation/sliding.html

この窓を1階のリビングに採用しました。実はこの窓には、上の写真のような偏芯タイプとFIX部分と開く部分が均等なタイプの2種類がありまして、私は最初から偏芯タイプを採用したかったのですが、設計段階では当初均等タイプしかないと知ってガックリ。しかし、Mスペースの元木社長から

元木社長
偏芯タイプ、ご用意します!!
と力強いお言葉を頂き、無事採用となりました。ドーン!!

なんという開放感。

W2510✖H2030というサイズは今までの窓の概念を覆す開放感をもたらしてくれそうです。って、まだガラスが来てないんであくまで妄想ですがwww

さらば、引き違い窓。

我が家には一般的によく使われる引違い窓は一つもないです。理由はやはり、気密性。引き違い窓はどーしても気密性が弱いため、当初から排除しております。今までですと、大きな窓だと選択肢が少なかったのですが、この大開口スライディングのような窓も登場したので、先駆けて選んじゃいました。

目玉その② これからの窓と暮らそう。ツーアクション窓。

「APW430 ツーアクション窓」の画像検索結果

「ありがとう、福士蒼汰君。ようこそ我が家へ。」

もう一つの希望でしたツーアクション窓も無事採用です。で、こちらはどこに使うかというと・・

2階のホールに採用しました。我が家は南向きに建ち、その眼前には田園風景その後ろには山が広がる景色があったので、設計段階からいわゆるピクチャーウインドウのような存在にしたく、あえてW1200✖H1200の正方形タイプでレイアウトしました。今は足場がありますが、外れれば、窓からの素敵な景色を、絵画を眺めるように楽しみたい。

本日のまとめ

  • 窓は全て、トリプルガラス樹脂サッシ APW430シリーズを採用。
  • 1階リビングは大開口スライディング APW431。
  • 2階にはツーアクション窓。
  • 決してYKKAPの回し者ではない。
  • 高性能住宅にはオール樹脂サッシ1択。

ご参考になれば、下のアイコンをポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ