【備忘録】我が家の大工工事 ~家が真っ白に?外壁・透湿防水シート編~〈香川の工務店・Mスペースで建てる高性能な家〉

なにがでっきょんな?さぬきペンギンです♪

Appleの新しいiphone 「iphone X」発表されましたね。

https://www.apple.com/jp/iphone-x/

指紋認証がなくなり、新しく顔認証機能がついているとか。双子だったら兼用できるのかなと思ったりして。

さて我が家のお話の続き。以前の備忘録はコチラ

【備忘録】我が家の大工工事 ~充填断熱ロックウール編~〈香川の工務店・Mスペースで建てる高性能な家〉

2017.08.04

【備忘録】我が家の大工工事 ~え?まだアルミサッシ使ってるの?・樹脂サッシ搬入編~〈香川の工務店・Mスペースで建てる高性能な家〉

2017.08.06

ノボパン・ボード気密処理完了。

我が家の構造用面材・ノボパン。

【備忘録】我が家の大工工事 ~構造用面材・ノボパン編~〈香川の工務店・Mスペースで建てる高性能な家〉

2017.08.01
その継ぎ目を塞ぐように黒いテープが貼られています。ボード気密処理という作業ですが、この細かい作業のおかげでお家の気密性が上がる訳です。大工さんにはホント頭が下がります。O型の私には不可能な作業の一つと言って、過言ではないでしょう。で、左下の白いのが・・

透湿防水シート。

透湿防水シート(とうしつぼうすいしーと)とは、水は通さないが、湿気(水蒸気)は通す性質をもつシート。

主なポイントは下記の通り。

  • 壁内の湿気を積極的に屋外に排出し、壁内の結露を防ぐ効果がある。このため、外壁通気工法を採用する場合には、必ず用いる。
  • 透湿防水シートには、ある程度の防風性(屋外のを遮る効果)もある。
  • 透湿防水シートには、耐震性や耐風性は無い(※ここでいう耐風性とは、建物全体が風の力に耐えるのに必要な強度のことを指す)。このため、外壁下地は、構造用合板などを軸組み又は枠組みに直接打ち付けるなど、耐力壁として作る必要がある。その上に透湿防水シートを貼ることで、耐震性や耐風性を確保する。
  • 透湿防水シートには、気密性や防音性は無い。このため、外壁下地は、構造用合板などを軸組み又は枠組みに直接打ち付けるなど、耐力壁として作る必要がある。その上に透湿防水シートを貼ることで、気密性や防音性を確保する。
  • 透湿防水シートには、耐火性が無い。そのため、外壁仕上げには、所定の厚さ以上の窯業系サイディングを貼り付け、また、壁内に所定の厚さ以上のグラスウールなどを充填し、内壁下地には石膏ボードを打ち付けるなどして、防火性を確保する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%8F%E6%B9%BF%E9%98%B2%E6%B0%B4%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88

シート貼りスタート。

貼られてますねん。

どんどん貼られてますねん。

あっという間に・・・

貼り終わってますねん。

家が包帯まかれたミイラ状態になっとりますww

透湿防水シートの理屈はよくわかりませんが、家づくりの大事な工程の1つでした。

続く。

 

ご参考になれば、下のアイコンをポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ